日本側でも韓国側でもない新たな視点の慰安婦映画「主戦場」、韓国でも公開へ=韓国ネットから賛否

配信日時:2019年7月18日(木) 11時20分
日本でも韓国でもない新たな視点の慰安婦映画「主戦場」に韓国ネットから賛否
画像ID  1109646
17日、韓国・ニューシスは、今月25日から韓国で封切られる慰安婦問題をめぐる論争を扱うドキュメンタリー映画「主戦場」を「韓国側でも日本側でもない新たな視点の映画」だと紹介している。
現在、日本でロングラン公開中の慰安婦問題をめぐる論争を扱うドキュメンタリー映画「主戦場」が、今月25日から韓国で封切られる。17日、韓国・ニューシスは「韓国側でも日本側でもない新たな視点の映画」だと紹介している。

記事は同映画を「日韓間の深い葛藤を最大限に客観的に見つめようと努力したドキュメンタリー」「27人の知識人・文化人へのインタビューを交互に見せることで、観客に討論を見ているかのように感じさせる構成で、観客に中立の視点でアプローチし、どちらの主張がより妥当か結論を出すよう導く」などと紹介している。日系2世の米国人ミキ・デザキ監督についても「自分のルーツだからといって日本寄りにならず、かといって韓国を代弁もしない。第三者の立場」だと評している。またデザキ監督の「この映画を通じ、韓国も日本もそれぞれの国のメディアがどれだけ慰安婦問題について偏った報じ方をしているかを知ってほしい。報道が両国の敵対心をどのように拡大していったかにも気付いてほしい」「この映画を機に両国が互いへの憎悪から脱し、慰安婦や他の歴史問題についてより生産的な対話ができることを願う」というコメントも紹介している。

また記事は、同映画が日本では4月に公開され、小規模映画としては異例の3万人以上の観客動員を記録し現在も公開中であること、慰安婦問題の知識が全くない若者の間で話題となり「今の日本が描かれた重要な映画だ」と評されていること、一部出演者や団体が抗議声明を発表したことなども詳しく紹介している。

さらに「感情を排除した政策態度」「慰安婦被害者を恥ずべき存在と見ていたかつての韓国に対する批判」「安倍政権の実態」「慰安婦イシューに対する新たなフレーム」が韓国人の心をとらえると評しており、「子ども向けの学習資料にも適している」「抵抗的民主主義をしばし忘れ、静かに理性的に慰安婦問題を熟考させてくれる映画」とも伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「何が真実で何がウソかを第三者の立場で見る?ふざけるな。慰安婦という表現だって間違っている。被害者のおばあさんの立場では性奴隷だった」「厳然たる犯罪に対して中立的な視点だと?」「韓国側も日本側もない。真実とウソの戦いだよ」などの反論が殺到している。一方で「これは絶対に見たい」「今は確かに、第三者の視点も必要な時期だ」「日韓双方が偏っている。自分の共感する部分なので、映画が楽しみだ」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • yu0***** | (2019/07/29 20:24)

    「嘘と捏造をしても…平気な国民性」 「強請りたかりは、当たり前…」 「平気で論点のすり替え……責任転嫁…」 「反日教育で、洗脳された国民」 竹島の不法占拠  日本海呼称問題  歴史教科書問題 知的財産権侵害問題 靖国問題 仏像盗難事件 戦犯企業ステッカー事件 韓国による日本海への毒劇物の廃棄問題 韓国併合合法不法論争 レーダー照射事件  天皇陛下への謝罪要求  慰安婦合意の一方的な破棄  海上自衛隊の日章旗問題 日本産水産物等の輸入規制 1965年の日韓請求権協定の反故  元募集工の大法院による異常判決  こんな国とは、縁を切った方が 日本のためだ… この国とのくだらない事で… 時間と金を無駄にするだけだ!! 国交断絶が最善策だ!!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/07/19 10:38)

    >>日韓双方が偏っている。 まあ、これだよなあ。 日韓共に平気で誇張したりデマ流したりする連中が多すぎてな。 それが日韓間の問題を複雑化させている要因にもなってるし、その「面倒臭さ」が、知らない者が興味を持つ切っ掛けを失せさせる原因にもなっている。 一番怖いのは日本にしろ韓国にしろ「声の大きい」「いい加減な言論」に惑わされて「真相」から遠ざかってしまう事だ。 日韓の歴史問題はそれを専門に研究している「日韓の研究者」が集い、資料や意見を交換して慎重に「真相」を追求すべきもので、それ以外の者が感情や噂話を原動力にして引っ掻き回していいものではない。そして「それ以外の者」には事情も知らない「門外漢の学者」、「政治屋」や「経済人」なども含まれる。 日中政府が行った「日中共同歴史研究」は比較的上手くいったプロジェクトだと思うが、同様のものが日韓間でもできないだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2019/07/18 15:25)

    中国の属 国の時代は毎年処 女を貢 物として献上していた事への請求権も消滅して無いぞ。職業売 春で1,000年恨むなら中国には1億年恨まにゃならんぞ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事