故宮博物院で「良渚と古代中国—-玉器が示す五千年の文明展」

配信日時:2019年7月17日(水) 18時10分
故宮博物院で「良渚と古代中国—-玉器が示す五千年の文明展」
画像ID  1109606
「良渚と古代中国—-玉器が示す五千年の文明展」の開幕式が16日、北京の故宮博物院武英殿で開かれた。
「良渚と古代中国—-玉器が示す五千年の文明展」の開幕式が16日、北京の故宮博物院武英殿で開かれた。今回の文明展には中国の9省・直轄市の文化・博物機関17カ所から貴重なコレクション260点(セット)が集められており、良渚古城遺跡の世界遺産登録後、初の公開となる。良渚文化は中国の紀元前の歴史において最も輝かしい文化遺産の一つであり、玉器を始めとした出土品は良渚古城の遺産価値を伝える重要要素となっている。2019年7月6日、アゼルバイジャンで開催されたユネスコ世界遺産委員会の第43回会議で、中国の世界文化遺産登録プロジェクト「良渚古城遺跡」が世界遺産第3条と第4条の基準を満たし、「世界遺産リスト」に登録され、中国で55件目の世界遺産登録となった。中国新聞網が伝えた。(編集TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事