「チベット高原最大の独立系書店」青海省の幾何書店

配信日時:2019年7月17日(水) 16時0分
「チベット高原最大の独立系書店」青海省の幾何書店
画像ID  1109523
幾何書店は現在中国最大の独立系書店の一つであり、青蔵高原(チベット高原)最大の独立系書店でもある。
青海省西寧市にある幾何書店は面積が1万平方メートルに達し、取り扱う本は15万種類、45万冊に及び、「重磅閲読(重量級読書)」、「雪域浄土」、「天空の城」、「時光書館」、「空間の門」、「重拾生活(生活を取り戻す)」の六つのゾーンに分かれている。幾何書店は現在中国最大の独立系書店の一つであり、青蔵高原(チベット高原)最大の独立系書店でもある。中国新聞網が伝えた。(編集AK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事