Record China

ヘッドライン:

「チベット高原最大の独立系書店」青海省の幾何書店

配信日時:2019年7月17日(水) 16時0分
拡大
青海省西寧市にある幾何書店は面積が1万平方メートルに達し、取り扱う本は15万種類、45万冊に及び、「重磅閲読(重量級読書)」、「雪域浄土」、「天空の城」、「時光書館」、「空間の門」、「重拾生活(生活を取り戻す)」の六つのゾーンに分かれている。幾何書店は現在中国最大の独立系書店の一つであり、青蔵高原(チベット高原)最大の独立系書店でもある。中国新聞網が伝えた。(編集AK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング