日本が米国の出兵要請を拒否、理由は十分―中国メディア

配信日時:2019年7月17日(水) 13時10分
日本が米国の出兵要請を拒否、理由は十分―中国メディア
画像ID  1109526
16日、中国の軍事チャンネル「利刃軍事」は、「“兄貴”に反抗か?」と題する記事を掲載。日本が米国からのホルムズ海峡出兵要請を拒否することには十分な理由があると伝えた。資料写真。
2019年7月16日、中国の軍事チャンネル「利刃軍事」は、「“兄貴”に反抗か?」と題する記事を掲載。日本が米国からのホルムズ海峡出兵要請を拒否することには十分な理由があると伝えた。

記事は、イランメディアのParsTodayの報道を引用し、ホルムズ海峡を航行する船の安全を守るため、米国が有志連合の結成を目指していることについて、「自民党は参加に反対を表明した」と紹介。「社民党や共産党も反対している」と伝えた。

自民党は、反対の理由について「現行憲法では攻撃性を有した艦艇や戦闘機を派遣して有志連合に加入することができないから」と説明した。記事は「つまり、憲法違反になるということだ」と解説し、「日本が出したこの理由には十分に理があり、反論することはできない」と論じた。

その上で、「規定によると、自衛隊は軍隊と呼ぶことができず、侵略攻撃を受けた時に防衛はできる。しかしながら、他国へ自発的に派兵することはできない」と指摘し、「この憲法は、日本のファシスト主義の再燃防止のため。第2次大戦の産物であり、日本に対する有力な懲罰でもある」と論じた。

また、「日本自身の利益という観点からも、派兵はあり得ない」と主張。「日本が派兵すれば、米国とイランとの間で戦争になる確率が高くなり、イランと友好関係にあり、多くの石油を輸入している日本は、戦争になれば石油の輸入が途絶え、経済に大きな影響を与えるからだ」としている。

そして記事は、「日本は自身の利益が絡むと慎重になる。米国は日本に派兵を要請しているが、これはリスクが大きすぎで、一歩間違えば日本は人々の非難の的になる。したがって日本は、米国の要請を断り、米国の制裁を受けることになるだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/07/20 02:06)

    私は1990年の第一次湾岸戦争では日本は自衛隊を派遣すべきだったと思っているが、今回は反対だ。今回派遣すると、安倍政権は2003年の第二次湾岸戦争時のときのイギリスのブレア―政権よりまずい立場に陥ると思う。あの時アメリカは大量破壊兵器の証拠もないのに何が何でもフセイン・イラクを倒すことに血道をあげ、強引に目的を達したが、結果は今日のイランの台頭を招いた。今回はあの時と比べてもさらに筋が悪い。アメリカのやっていることは西部劇によくあるシーン〈悪者の早撃ち名手が相手を挑発し銃を先に抜かさせて相手を殺す〉にそっくりだ。前のオバマ政権が作り上げたイラン核合意から一方的に離脱したのはアメリカであり、どう見てもアメリカが悪い。アメリカのスキームに参加しなければトランプの怒りを買うだろう。しかしその苦境が日本人に9条改正の覚悟を持たせるきっかけになると思う。9条ではどうにもならない時代がきているのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/07/17 22:48)

    >自衛隊は軍隊と呼ぶことができず、侵略攻撃を受けた時に防衛はできる。しかしながら、他国へ自発的に派兵することはできない 自衛隊は海外に派兵できなくても、在日米軍が日本で艦船の臨時乗組員を募集したなら憲法に触れるだろうか。艦船にも戦闘要員以外の乗組員は必要なはずだ。まったくの素人では無理でも、元海上自衛隊とかなら役に立たないだろうか。政府主導でなく、民間人が自発的に参加するなら許されそうである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/07/17 21:51)

    アメがイランと戦闘状態になって、米軍に被害が出たら「集団的自衛権」持ち出されるけどね。 で、集団的自衛権を主軸にした安保法を盾にされたら、さすがに出兵せざるを得ないんじゃない? そうするための安保法な訳だし。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事