コンピュータのパスワードを発明したフェルナンド・コルバト氏が死去 享年93歳

配信日時:2019年7月16日(火) 19時40分
画像ID 
コンピュータのパスワードを発明したことで知られる計算機科学者のフェルナンド・コルバト氏が12日、米国マサチューセッツ州の高齢者施設で死去した。享年93歳だった。米ニューヨークタイムズ紙の報道を引用して中国新聞網が伝えた。

コルバト氏は、MIT(マサチューセッツ工科大学)の名誉教授で、ACMチューリング賞を受賞している。

コルバト氏は、1960年代初め、「C.T.S.S」の開発を率いた。このシステムは、複数のユーザーが異なる場所で電話線を利用して1台のコンピュータに同時にアクセスすることを可能とした。このシステム開発のプロセスで、コルバト氏はパスワードを用いることでユーザーのアカウントを保護するという概念を打ち立てた。

C.T.S.Sの登場によって、当時はまだ初歩段階にあった一つのコンセプトがしっかりと踏み出すきっかけになった。それは1台のコンピュータをタイムシェアリングするという概念だ。この概念は、その後数十年間にわたってコンピュータ分野における絶え間ない発展を大いに後押しした。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<