外交部、台湾地区に武器を売却する米企業に制裁

配信日時:2019年7月16日(火) 19時10分
外交部、台湾地区に武器を売却する米企業に制裁
画像ID  1109272
外交部(外務省)の耿爽報道官は15日の定例記者会見で「米側による台湾地区への武器売却は中国の主権と国家の安全を害した。中国側は台湾地区への武器売却に関与した米国企業に制裁を課す。言った事は必ず守り、着手した事は必ずやり遂げる」と述べた。
外交部(外務省)の耿爽報道官は15日の定例記者会見で「米側による台湾地区への武器売却は中国の主権と国家の安全を害した。中国側は台湾地区への武器売却に関与した米国企業に制裁を課す。言った事は必ず守り、着手した事は必ずやり遂げる」と述べた。

【記者】台湾地区に武器を売却する米国企業への制裁を中国側が発表したことに関してだが、どの企業が対象となるのか。制裁はいつ課すのか。

【耿報道官】米側による台湾地区への武器売却は国際法と国際関係の基本準則への重大な違反、『一つの中国』原則と中米間の3つの共同コミュニケの規定への重大な違反であり、中国の主権と国家の安全を害した。国益を守るため、中国側は台湾地区への武器売却に関与した米国企業に制裁を課す。中国政府と中国企業はこうした米国企業と協力を行わず、ビジネス関係を持たない。具体的詳細については現時点では差し控える。だが中国人は一貫して『言った事は必ず守り、着手した事は必ずやり遂げる』を重んじているということを信じてもらいたい。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2019/07/16 20:49)

    西側陣営の国々はその時々の自国に利益を鑑みて、中国と台湾を天秤にかけて現在の形になっているが、中国と台湾は別々の国だ。それぞれ違う法律で国が運営され、大きな違いは国のトップや議会の議員は選挙で、民意を問う形で、中国には全くない制度で、国は運営されている。それが一つの国である筈はない。 それと、韓国と同じく中国もできもしない事を、必ずやると発言し、単なる脅しで終わっている。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事