北京でごみ収集車とごみ箱の色を種類別に統一へ―中国

配信日時:2019年7月19日(金) 0時30分
北京でごみ収集車とごみ箱の色を種類別に統一へ
画像ID  1109468
北京市は、各種家庭ごみの混載・輸送という難題を解決するために、ごみ収集車の標準化について検討を重ね、ごみの種類別に収集車の車体とごみ箱の色を一致させることを実現する予定だ。資料写真。
北京市都市管理委員会は15日、「北京市は、各種家庭ごみの混載・輸送という難題を解決するために、ごみ収集車の標準化について検討を重ね、ごみの種類別に収集車の車体とごみ箱の色を一致させることを実現する予定だ。具体的には、青色の収集車は回収可能なごみを、緑色の収集車は台所ごみを、赤色の収集車は有害ごみを、灰色の収集車はその他のごみを、それぞれ回収・運搬する」と発表した。北京青年報が伝えた。

市都市管理委員会によると、現時点で市内224の街道・郷鎮にごみ分別モデル区が設けられ、4194のコミュニティー(村)、5万2000の責任主体および8511の都市住宅小区が網羅されている。

市都市管理委員会の担当者は、「モデル区の検収作業は、厳格な審査基準にもとづき実施され、完全な場合にのみ検収するという方針を堅持し、基準に達しないものは『差し戻す』ことを徹底する。今回の検収で合格したモデル区であっても、今後3年間は、厳しい定期検査と年度実地検査を継続的に受けなければならない」としている。

■住宅小区はごみの回収時間を公示

北京市は、「エコ車両チーム」を結成し、回収車の色・車体基準・マーク・電話番号・事業者名の「五つの統一」を実現する。また、今回初めて各回収車の色をそれに対応する種類のごみ箱の色と統一させる計画が提出されている。現在、北京市の家庭ごみは4種類に分類されており、その内訳と対応するごみ箱の色は、「回収可能なごみ(青)」、「台所ごみ(緑)」、「有害ごみ(赤)」「その他のごみ(灰色)」となる。今後、北京市のごみ回収車の車体カラーも、それぞれのごみ箱に対応した4種類となる。

このほか、住宅小区の目立つ場所にごみ分別投棄の投棄場所・投棄時間・各種家庭ごみの収集・運搬に携わる事業者名・回収運搬責任者名・回収時間などの情報が公示される。異なる種類のごみが混載・運搬されていることに住民が気づいた場合は、市民ホットライン「12345」に通報することができる。

統計データによると、2018年、北京市が処理した生ごみの総量は17万200トン、前年比58.2%増加した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事