中国銀聯が9銀行の越境キャッシュバックカードを発行―中国メディア

配信日時:2019年7月17日(水) 8時20分
中国銀聯が9銀行の越境キャッシュバックカードを発行
画像ID  1109234
中国銀聯は各商業銀行とともに北京で15日、初の国境を越えたキャッシュバック機能付き銀聯カードを発行すると発表した。写真は銀聯カード利用可能な日本の店舗。
中国銀聯は各商業銀行とともに北京で15日、初の国境を越えたキャッシュバック機能付き銀聯カードを発行すると発表した。まず中国工商銀行、中国農業銀行、中国銀行、中国建設銀行、交通銀行、招商銀行、平安銀行、興業銀行、広発銀行の9行が第一弾として同カードを発行し、以降、他の商業銀行とも協力してカード発行を進めていくという。

カード保有者は海外の170以上の国・地域のオフライン店舗2700万カ所以上でカードを利用して買い物をすると、1回ごとに利用額の1%がキャッシュバックされる(キャッシュバックは1カ月あたり1000元<約1万6000円>が上限)。銀聯のモバイル決済アプリ「雲閃付」と紐付けしていれば、そちらのポイントも同時にたまる。また、同カード保有者には海外WiFiやグローバルショッピング保険といった保有者だけの特典があるほか、ビジネス目的の旅行・移動などで特色ある世界的サービスを利用することもできる。

現在、銀聯カードの受け入れネットワークは世界170あまりの国と地域に広がり、商業施設5500万カ所以上(うち海外は2700万カ所以上)、ATM290万台以上(うち海外は170万台以上)に達する。海外38カ国・地域のPOS端末1800万台以上が銀聯の雲閃付に対応し、30カ国・地域の商業施設1080万カ所以上が銀聯のQRコードに対応し、「衣食住・移動・旅行・ショッピング・エンターテインメント」をカバーする複数の消費シーンで、利用者は雲閃付アプリをスキャンして支払いができる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事