米国のF-117ステルス戦闘機がデスバレーに、通常とは異なる塗装が話題に―中国メディア

配信日時:2019年7月17日(水) 6時20分
F-117ステルス戦闘機がデスバレーに、通常とは異なる塗装が話題に―中国メディア
画像ID  1109132
15日、環球網は、米カリフォルニア州デスバレーで通常とは異なる塗装が施された米国のF-117ステルス攻撃機が目撃され、さまざまな憶測を呼んでいるとする記事を掲載した。写真はF-117の模型。
2019年7月15日、環球網は、米カリフォルニア州デスバレーで通常とは異なる塗装が施された米国のF-117ステルス攻撃機が目撃され、さまざまな憶測を呼んでいるとする記事を掲載した。

記事は、米国の軍用機情報サイト「コンバット・エアクラフト」の情報を紹介。あるカメラマンが11日に、カリフォルニア州デスバレー上空でKC-135R給油機から給油を受ける、特別な塗装が施されたF-117を目撃し、撮影したとの情報を伝えた。

この2機のそばには、米航空宇宙局(NASA)のF-15もおり、このF-15 の右翼下には「用途不明のゴンドラが装着されていた」と説明。「F-117は空中給油終了後にF-15とともにネバダ州の測定・訓練場に戻る予定だった」とする撮影者の見解を紹介している。

今回目撃された同機の塗装は通常の塗装と大きく異なっていたという。記事は、「米空軍内にある仮想敵機中隊が保有する戦闘機は常に翼の先端や機尾に塗装の変更が施され、仮想する敵機に視覚的に似せる工夫が施されている」と伝えた。

また、同サイトはF-117について「近ごろ秘密行動が非常に多くなっている」と伝え、同機に通常とは異なる塗装が施されたのは今回が初めてではないと解説。今回目撃された同機について「米軍はコメントを拒否しているが、撮影された写真により同機が仮想のステルス敵機として用いられている可能性を指摘する声が高まっている」とした。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Gak***** | (2019/07/17 12:11)

    とっくに全機退役済みのF-117Aが、今更乍に飛んでいたか…とすれば、アグレッサー部隊所属は間違い無い。 機体の反射特性はカナード翼の付いたJ-20に似ている筈だが、如何せん飛行速度が遅過ぎる上に、運動性能も悪過ぎるから…恐らくは、捕捉訓練中。 随伴していたF-15のポッドは、試作中の新型レーダーだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事