中国の宇宙実験室「天宮2号」、制御を受け近く大気圏再突入へ―中国メディア

配信日時:2019年7月15日(月) 20時50分
中国の宇宙実験室「天宮2号」、近く大気圏再突入へ―中国メディア
画像ID  1109031
中国有人宇宙飛行事業弁公室が明らかにしたところによると、宇宙実験室「天宮2号」は計画に基づきすべての拡張試験を終え、北京時間2019年7月19日に制御を受けつつ軌道を離れ大気圏再突入する予定だ。写真は酒泉衛星発射センター。
中国有人宇宙飛行事業弁公室が明らかにしたところによると、宇宙実験室「天宮2号」は計画に基づきすべての拡張試験を終え、北京時間2019年7月19日に制御を受けつつ軌道を離れ大気圏再突入する予定だ。少量の残骸が南太平洋の予定されている安全海域(西経160−90度、南緯30−45度)に落下する。中国青年報が伝えた。

天宮2号はドッキング目標機「天宮1号」の予備機をベースに改良・開発されたもので、実験モジュールと資源モジュールに分かれる。全長10.4メートル、船体の最大直径は3.35メートル。ソーラーパネルを開いた後の翼幅は約18.4メートル、離陸重量は約8.6トン。有人宇宙船「神舟」及び無人宇宙補給船「天舟」とドッキングし、軌道上推進剤補給、宇宙科学実験及び技術試験の展開といった重要な機能を持っている。

天宮2号は2016年9月15日に軌道上に打ち上げられた。軌道上の設計寿命は2年。現在まで軌道上を1000日以上飛行しており、プラットフォーム及びペイロードの機能が正常でコンディションが良好だ。制御を受け大気圏再突入するための各種準備作業が、予定の計画に基づき着実かつ安定的に推進されている。

中国有人宇宙飛行事業弁公室によると、天宮2号の大気圏再突入後、中国は直ちに情報を発表し、関連情報を報告する。責任ある大国としての国際的な義務をしっかり履行する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2019/07/15 21:39)

    >天宮2号は2016年9月15日に軌道上に打ち上げられた。軌道上の設計寿命は2年。 んな訳ないだろうがよ ソ連のミールの様に各種モジュールをパコパコくっ付けて色んな実験をする予定だったよね その為のクレーンとか付けといて何言ってんの? 最初のドッキングで1ヶ月だけ有人だったけど、それ以降ずっと無人で何の実験が出来たんですか? 天宮1号は同じ2年で色んな事を発表してたけど天宮2号って無人輸送機のドッキングくらいで何もないですよね んで2022年までに天宮3号を打ち上げて月への中継基地にするとか言ってますけど 数年しか宇宙空間に留め置くことが出来ないのにこれ以上宇宙ゴミを増やさないで貰えますか? 地球に甚大な被害が出る前に諦めるかメンツを捨てて国際ステーションに協力しなよ
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事