Record China

ヘッドライン:

貿易摩擦の解決に進展なく 日韓の言い争いが激化

配信日時:2019年7月15日(月) 17時40分
日韓両政府の代表は12日、東京で事務レベル会合を開いたが、貿易摩擦の解決に向けた進展はなかった。双方は13日、この会合の性質や、韓国側が日本側に輸出規制の撤回を要求したか否かなどをめぐり各々主張を譲らず、言い争いは激しさを増した。新華網が伝えた。

言い争いの原因の一つ目は、韓国側が12日に輸出規制の撤回を日本側に要求したと主張しているのに対して、日本側はこれを否定していることだ。

韓国産業通商資源省の高官は13日、「韓国側は昨日の会合で貿易規制の撤回を日本側にはっきりと要求した。この点について日本側と誤解はないはずだ」と述べた。別の韓国側代表も同日、東京を離れる前に「韓国側は会合で日本側のやり方に遺憾の意を表明し、規制撤回を要求した」と記者団に語った。

しかし、経済産業省高官の岩松潤氏は記者会見で「われわれは議事録を詳しく見たが、韓国側から(規制)撤回を要求する明確な意見は出ず、輸出規制の理由について日本側に説明を求めただけだ」と述べた。

日本政府は1日、半導体材料の韓国向け輸出の審査と管理を強化し、韓国を貿易上の「ホワイト国」から除外することを発表した。12日の会合には双方から各々代表2名が出席し、この件について初めて直接接触した。

言い争いの原因の二つ目は、12日の会合の「性質」が日韓の相互協議だったのか、それとも日本側から韓国側への説明だったのかだ。

岩松氏によると「会合の性質は協議ではなく、日本側が韓国政府の要請を受けて行った説明の場」だ。また、会合を「協議」とする韓国側高官の表現については「正したい」と述べた。

日本側は「韓国側に全面的に説明をしたし、規制実施前に韓国側に通知した」と主張しているが、韓国側はどちらも否定している。韓国側は日本側の輸出規制措置を問題視し、納得できる証拠か理由を示すよう要求している。

言い争いの原因の三つ目は、韓国が再協議を提案したか否かについて双方の見解が異なることだ。

日本側によると、韓国側から再協議の提案はなかった。だが韓国側は「7月24日までに新たな対話を行うことを繰り返し提案したが、日本側は提案を受け入れるか否かを明確にしなかった」と強く主張している。

ロイター通信は「12日の会合は小会議室で開かれた。双方は挨拶を交わさず、日本側代表は韓国側代表が入室する際に立って御辞儀することもなかった」と報じた。日本側は後に、双方の代表は会合前に会っており、挨拶も交わしたと説明した。

韓国メディアは「韓国側代表は冷遇された。会合は『車庫』のような部屋で開かれた。会合は『非常に緊張した』雰囲気で、双方代表は互いに目を合わさず、開始時に握手して挨拶することもなかった」と報じた。

日本側が輸出規制の実施を発表した後、韓国側は日本側に繰り返し撤回を呼びかけるとともに、第2次世界大戦時に強制徴用された韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国側判決への報復だと日本側を非難してきた。日本側は「報復」を否定し、規制撤回を拒否している。

韓国の裁判所は昨年以来の相次ぐ判決で、第2次大戦時の韓国人元徴用工強制徴用についての賠償を日本企業3社に命じた。日本政府は、両国が1965年に締結した「日韓請求権協定」に基づき賠償問題は「解決済み」との立場を堅持している。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング