重慶から香港への高速鉄道が開通、所要時間7時間37分―中国

配信日時:2019年7月16日(火) 9時10分
重慶から香港への高速鉄道が開通、所要時間7時間37分―中国
画像ID  1108956
重慶と香港を結ぶ直通高速鉄道が11日8時20分、正式に開通した。
重慶と香港を結ぶ直通高速鉄道が11日8時20分、正式に開通した。重慶と香港を直通で結ぶ高速鉄道「復興号」の列車番号はG319で、重慶西駅の出発時刻は8時20分、香港の西九龍駅の到着時刻は15時57分で、所要時間は7時間37分となっている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

直通高速鉄道の開通後、重慶から香港に向かう乗客は乗り換えをしなくてもよくなり、所要時間も7時間37分まで短縮された。乗客らは、「高速鉄道開通後は、朝は重慶で麺を食べ、午後には香港でアフタヌーンティーが楽しめる。本当に速い」と感想を述べていた。(提供/人民網日本語版・編集/AK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/07/16 10:53)

    中国共産党はこうして次々に香港を侵略する為の路線を敷いて、香港に大量の中国人を送り込んで香港の植民地化を促進しようとしているのだろう、香港の人々には中国共産党の卑劣なやり口に負けないように頑張っていただきたい
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事