Record China

ヘッドライン:

ファーウェイが米国で大規模リストラか―中国メディア

配信日時:2019年7月15日(月) 16時30分
拡大
15日、IT之家はファーウェイが米国で大規模なリストラを行うと伝えた。写真はファーウェイの広告。

2019年7月15日、中国メディアのIT之家は華為技術(ファーウェイ)が米国で大規模なリストラを行うと伝えた。

記事は、「ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、ファーウェイは米国にあるFutureweiで『大規模な』リストラを行う準備をしており、数百人が仕事を失うことになりそうだ」と紹介。中国から来ている従業員の中には、帰国してファーウェイで仕事を継続することを選択できると告知されている人もいるという。

関係筋の話によると、ファーウェイの今回のリストラは、米商務省が5月中旬にファーウェイを禁輸措置対象リストに加えたことの影響によるものだという。この「禁輸措置対象リスト」では、ファーウェイが許可なく米国企業と業務を行うことを禁じており、「このリスト発表後、Futureweiの従業員はファーウェイの中国本部の連絡することができなくなった」と記事は指摘した。これは「米国当局が、米国の技術を盗用する恐れがあると疑っている」ためで、「ファーウェイが何度もそのような状況は全く存在しないと説明しているにもかかわらずである」と論じた。

記事によると、「現在のところファーウェイはこの件に関するコメントを拒否している」という。しかし、「リストラはファーウェイの研究作業の進展に悪影響となる可能性があり、同時にファーウェイの業務にも大きな影響を与えるだろう」と記事は結んだ。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

プーチン氏、米国によるファーウェイと中国人留学生の排除は「驚くべきこと」―中国メディア

ロシアのプーチン大統領は9日、エカテリンブルクで行われたウラル連邦大学の学生らとの討論会で、米国による中国通信機器大手ファーウェイへの制裁と中国人留学生への制限について「驚くべきことだが、それは本当だ」と述べた。

Record China
2019年7月12日 5時20分
続きを読む

<激動!東アジア>ファーウェイ取引容認!経済戦争“休戦”の狙い=米朝電撃首脳会談もトランプ「再選」戦略の一環

米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席による首脳会談で米中経済摩擦が緩和に向け舵が切られた。その後トランプ氏と金正恩北朝鮮委員長との南北非武装地帯・板門店での電撃的な会談が実現。東アジアを中心に、地政学的な大変動が起きていることを実感した。

八牧浩行
2019年7月1日 7時50分
続きを読む

ランキング