Record China

ヘッドライン:

中国、台湾へ武器売却の米企業に制裁予告=米議会要人「愚かな行動」―米メディア

配信日時:2019年7月14日(日) 15時20分
拡大
13日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、中国政府が台湾に武器を売却した米国企業に対し制裁を科す方針を明らかにしたことについて、米議会要人が「愚かな行動だ」と批判したと報じた。写真は米ワシントンの国会議事堂。

2019年7月13日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、中国政府が台湾に武器を売却した米国企業に対し制裁を科す方針を明らかにしたことについて、米上院外交委員会の民主党トップ、ロバート・メネンデス議員が「愚かな行動だ」と批判したと報じた。

中国政府は12日、トランプ米政権が計画する台湾への総額22億ドル(約2400億円)相当の武器の売却について、「国家利益を守るため、関与した米国企業には制裁を科す」との方針を明らかにした。

ボイス・オブ・アメリカによると、メネンデス議員は12日、同メディアの取材に対し、「中国は現在、多くの問題を抱えているが、米国企業に制裁を科すことは、彼らができる最悪のことの一つかもしれない」「彼らが制裁を科すことになる企業は基本的に、中国に武器を売却する可能性は低い。防衛産業には制限が多く、できることは限られているからだ」などとし、「これは愚かな行動だ」との認識を示した。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】「台湾を利用して中国をコントロール」米国のたくらみは火遊び

 中国は、米国務省が台湾に対する総額22億2000万ドル相当の兵器の売却計画を承認したことに、断固反対する厳正な立場を表明した。米国の今回の行動は、「一つの中国」原則と中米の3つの共同声明に深刻に違反し、中米首脳が先ごろ大阪での会談で達した共通認識に背き、中国の内政に粗暴に干渉す...

CRI online
2019年7月10日 13時0分
続きを読む

中国空母がグアム近海に初進出、同時期に南シナ海では日米共同訓練、激しさ増すけん制合戦

中国の空母「遼寧」は6月中旬、米軍基地のあるグアム島周辺海域を初めて航行した。同時期に南シナ海では海上自衛隊の護衛艦と米原子力空母などが共同訓練を行った。海洋支配をめぐる日米と中国のけん制合戦は激しさ増すばかりだ。

Record China
2019年6月29日 13時30分
続きを読む

ランキング