米国は「世界の自由の灯台」=中国報道官「あまり明るくないようだ」―中国メディア

配信日時:2019年7月14日(日) 14時10分
米国は「世界の自由の灯台」=中国報道官「あまり明るくないようだ」
画像ID  1108781
13日、中国のニュースサイトの環球網は、米国のペンス副大統領が「米国は世界の自由の灯台だ」と発言したことについて、中国外交部の耿爽報道官が「この灯台はあまり明るくないようだ」とコメントしたと報じた。
2019年7月13日、中国のニュースサイトの環球網は、米国のペンス副大統領が「米国は世界の自由の灯台だ」と発言したことについて、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官が「この灯台はあまり明るくないようだ」とコメントしたと報じた。

記事によると、ペンス副大統領は10日、カリフォルニア州で記者会見し、「米国は世界の自由の灯台だ。米国政府は世界の宗教の自由について声を上げている」とし、来週の閣僚級会議で「われわれは中国や世界各国のこの問題を解決する」と述べた。

これに対し、耿報道官は12日の記者会見で、「この灯台はあまり明るくないようだ」とし、「中国や全世界の問題を解決などというのはあまりにも大げさだ。米国にはそのような責任も権限も能力もない。米国は自分自身の問題を解決するのが先だ」とした。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事