Record China

ヘッドライン:

<南シナ海問題>フィリピンのでたらめな行動、「中国は座視しない」―中国紙

配信日時:2013年6月4日(火) 12時32分
拡大
3日、人民日報海外版コラム・望海楼は、国際問題専門家の華益文氏が中国とフィリピンの南シナ海問題について書いた文章を掲載した。写真は南シナ海を航行する中国の軍艦。
(1/2枚)

2013年6月3日、人民日報海外版コラム・望海楼は、国際問題専門家の華益文(ホア・イーウェン)氏が中国とフィリピンの南シナ海問題について書いた文章を掲載した。以下はその内容。

その他の写真

フィリピンは南シナ海問題を煽り続け、最近も止める気配はない。先日フィリピンは「悪人が先手を打って訴え出る」手に出た。中国の海軍艦艇、海洋監視船、漁船が仁愛礁に出現したことについて中国側に「外交的抗議」を行い、仁愛礁を航行するフィリピン側船舶を中国海軍艦艇がいわゆる「尾行、攪乱」したことについて中国側に申し入れを行うとともに、仁愛礁での「取材報道」にマニラ駐在の各国主流メディアを招待すると表明したのだ。

先日閉幕したアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)でフィリピン側は知恵の限りを絞って「中国がフィリピンをいじめている」とのメッセージを国際社会に伝えた。ガズミン国防相は中国がフィリピンの「主権」を尊重し、「不法な行動」をとってフィリピンの「領土保全」を破壊しないよう望むと公言した。

仁愛礁は南沙諸島(スプラトリー諸島)の一部だ。1999年5月9日、フィリピンは老朽化した戦車揚陸艦を仁愛礁に派遣し、「船底から浸水して」「やむを得ず」と主張して停泊させた。この日、中国と国際世論の注意は前日に起きた米国による在ユーゴスラビア中国大使館爆撃事件に集中していた。中米「大使館爆撃」事件の機に乗じて、中国の南沙の礁にこそこそと手を出したフィリピン側の行動は大変卑劣だ。

フィリピンが老朽軍艦を仁愛礁に不法停泊させた後、中国側は繰り返し厳正な申し入れを行い、同艦の撤去を要求した。だが14年経ってもフィリピン側は仁愛礁から立ち去っていない。もし本当にフィリピン側の言うように停泊が技術的原因によるものなら、なぜ何年ものあいだいかなる修復措置もとらないのか?フィリピンが当時でっち上げた理由が全くの嘘だったことは、とっくに時間によって暴かれている。

フィリピンの意図は非常に明白だ。つまり軍艦の停泊と派兵を通じて不法なプレゼンスを維持、実現し、最終的に仁愛礁を侵奪・占拠することだ。老朽軍艦を仁愛礁に停泊させた後も、フィリピンは同じ手口を使い、黄岩島(スカボロー礁)に退役軍艦を「座礁」させたが、後に中国の圧力を受けて撤去した。黄岩島の現状はすでに明らかだ。

すでにフィリピンは南沙海域で島や礁8つを侵奪・占拠し、現在は仁愛礁の老朽軍艦を補強することでプレゼンスを強化しようと企んでいる。フィリピンは他国の領土の永久占拠を望んでいるうえ、筋道が通っているように見せようとしている。中国国防部(国防省)報道官に「フィリピン側は他国の領土ではなく、自国の領土を防衛すべきだ」と反論され、揶揄されたのも無理はない。

過去数年間、フィリピンは南シナ海域で度々波風を立ててきた。南シナ海問題の「国際化」に最も精を出しているごく一部の国の1つでもある。フィリピン側はだだをこねれば領有権問題で利益を得られると考えているようだ。南シナ海問題におけるフィリピン政府の姿勢は二転三転し、前後で矛盾している。中国とASEANが誠意ある団結を最も必要としている時に、フィリピンはしばしば南シナ海問題の話題をつくりだし、自国の利益のために中国とASEANの協力を手玉に取ろうと企んでいる。

フィリピン側のこうした行為は中比関係を損なっただけでなく、地域の協力にも悪影響をもたらし、少なからぬ国々の非難に遭っている。中国は一貫して対話と協議による溝の解決を主張しているが、領土主権という原則問題において無原則な妥協をすることは絶対にあり得ない。中国は一貫してフィリピンに、中比関係の大局に立って、事態を複雑化、拡大し、南シナ海の平和・安定に影響する事をせぬよう忠告しているが、フィリピン側のでたらめな行動を座視することもない。すでにフィリピンは黄岩島問題で壁にぶつかった。もし過ちを押し通して非を悟らず、仁愛礁など南シナ海問題で汚い手を使い続けるのなら、フィリピンは中国が我慢し続けることを期待してはならない。(提供/人民網日本語版・翻訳/NA・編集/内山

関連記事

<南シナ海>ベトナム漁船に中国公船が体当たり、「正常な法執行」と外交部―中国メディア

28日、北京晨報は記事「中国外交部:中国の正常な法執行に問題はない」を掲載した。南シナ海でベトナム漁船が中国公船に体当たりを受けた問題について中国外交部報道官がコメントした。写真は3月22日、新たに就航した中国の巡視船・漁政312。

Record China
2013年5月30日 11時24分
続きを読む

ランキング