Record China

ヘッドライン:

中国海岸に「アオサの逆襲」、それでも喜ぶ行楽客―当局は防御に懸命

配信日時:2019年7月14日(日) 5時40分
拡大
1/3枚
中国の江蘇省から山東省沖合いにかけての、中国近海の広い海域でアオサが大発生している。一部は海水浴場にも打ち上げられているが、中国メディアの報道を見る限り、「緑の海岸」を面白がり、喜んでいる行楽客も多い。一方で、当局はアオサの「防御作業」に力を入れている。

その他の写真

中国近海で、夏になり海水の温度が上昇するたびのアオサの大発生が常態化したのは、2000年を過ぎてからとされる。アオサの大発生の原因には、生活排水の流入などで海水が富栄養化したことがあるとの見方がある。中国は、産業が急速に発展すると同時に、環境対策が間に合っていないとされる。アオサの大発生は、負担を強いられた環境の、人に対する「逆襲」とも言える現象と理解できる。

2019年7月12日付の人民日報は、山東省青島市当局は、海水浴場に押し寄せるアオサへの対策として「海上での回収作業」「重点海域ではフェンス投入による流入阻止」「陸上での除去作業」という3段構えの「防衛措置」を開始したという。

新華社の6月28日付報道によると、同時点で確認されたアオサが漂う海面は5万1500平方キロメートルで、九州(3万6800平方キロメートル)と四国(1万8800平方キロメートル)の合計に近い面積だ。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

七夕の夜の「ロマンチックで残酷な愛のプレゼント」―野生ホタルを大量捕獲して販売、生息地で「絶滅の危機」の指摘も

中国新聞網など中国の多くのメディアは17日、公式サイトやSNSを通じて、「七夕の残酷なプレゼント、多くの人はまだ知らない」などの見出しで、商用目的による野生ホタルの大量捕獲と販売の問題を指摘する記事を発表した。

Record china
2018年8月19日 20時50分
続きを読む

マレーシアでダイビング中の中国人2人が死亡=ダイナマイト漁法原因か、中国政府「犯人厳罰」を要求

マレーシアで5日、ダイビング中の中国人2人が死亡した。ダイナマイト漁を行ったことが原因になった疑いがあり、現地の中国総領事館は「犯人の厳罰」を求めた。ダイナマイト漁はサンゴ(写真)を破壊するなど環境負荷が極めて大きいため、ほとんどの国で禁止されている。

Record china
2019年7月7日 11時0分
続きを読む

GNIグループのアイスーリュイが中国でじん肺治療薬としての臨床試験へ、その他

ジーエヌアイグループは、同社のアイスーリュイが、じん肺治療薬としての治験を許可されたと発表した。中国では、政府が確認しただけでもじん肺患者が90万人近く存在するとされる。多くの場合、劣悪な労働環境(写真)が背景にあったと見られている。

Record china
2019年5月28日 9時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング