Record China

ヘッドライン:

韓国野党の新党名が「日本のパクリ」と物議=韓国ネット「親日を認めた」「よくある言葉」

配信日時:2020年9月8日(火) 20時20分
拡大
8日、韓国・ノーカットニュースは、韓国最大野党「未来統合党」が2日に党名を「国民の力」に変更すると発表したが、「日本の極右勢力のスローガンを盗用した」との疑惑が持ち上がっていると報じた。写真はソウル。

2020年9月8日、韓国・ノーカットニュースは、韓国最大野党「未来統合党」が2日に党名を「国民の力」に変更すると発表したが、これに「日本の極右勢力のスローガンを盗用した」との疑惑が持ち上がっていると報じた。

「未来統合党」は新たな党名の意味について「国民から出る力、国民のために行使する力、国民を1つにする力」を合わせたものだと説明した。

しかしこれに対し、与党「共に民主党」の議員は「私が2003年に発足させた市民団体の名前は『生活政治ネットワーク 国民の力』だった」とし、「17年前に結成した市民団体の名前が未来統合党の新党名になるのは非常に遺憾で不快だ」と批判した。

さらに、慶熙大学のカン・ヒョベク教授からは「日本の極右団体が創立5周年と10周年の記念式典で使用したスローガンと同じ」と指摘する声も上がっているという。

これに韓国のネットユーザーからは「メード・イン・ジャパンだったとは(笑)」「親日であることを自ら認めた」「ただでさえ親日と誤解を受けているのに、確認もせず名前を変更したら日本の極右に何を言われるか」など批判的な声が上がっている。

また、「野党の政治家が国民のことを考えてくれたことは一度もないけど?」「名前を頻繁に変えるのは、それだけ消したい過去が多いということ」と指摘する声も。

一方で「珍しい言葉でもないし、ただの偶然だよ。それをここまで騒ぎ立てるなんてあきれる」「メディアがまた反日をあおっている」などと冷静な声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング