なぜ?「ごみ箱」が爆発的な売れ行き、1日に注文2000万のケースも!―中国

配信日時:2019年7月13日(土) 10時20分
なぜ?「ごみ箱」が爆発的な売れ行き、1日に注文2000万のケースも!―中国
画像ID  1108426
「本当に信じられないほど売れている!」と現在の状況について話すのはごみ箱の製造販売業に携わる符永林さん。彼のビジネスデスクの上にはミニサイズの「上海バージョン」ごみ箱が4個置かれている。

【音声ニュースを聴く】

「本当に信じられないほど売れている!」と現在の状況について話すのはごみ箱の製造販売業に携わる符永林さん。彼のビジネスデスクの上にはミニサイズの「上海バージョン」ごみ箱が4個置かれている。銭江晩報が伝えた。

その他の写真

連日、7~8台の大型トラックが彼の会社の前に並んで停車しており、作業員100人以上が24時間交代制で生産に取り組んでいるが、絶え間なく入って来る注文に到底対応できない状態が続いている。

符さんの部下である羅武軍さんも、大きな変化の真っただ中にいる。「以前は、私が顧客開拓に一所懸命だったが、今ではそれが逆転しており、顧客自らが会社に足を運んで注文してくれる。我々は、現金取引の顧客の注文だけを受けている」と話した。周囲の友人たちから見れば、羅さんはもともと「ごみ箱のセールスマン」だったが、いまや彼は、ごみ分別の「講師」になっている。

また、こうした工場の背後で沸き起こっているのは、「プラスチック製品王国」と言われている浙江省台州市に、眼の色を変えて金脈を探り当てようと大勢の人々が押し寄せていることだ。彼らは今、ひと財産を築こうと企んでおり、なぜなら、「ごみ箱でひと儲けする人の中には、1日で2000万の注文を受ける人もおり、これはまるで金鉱を掘り当てたのと同じだ」と考えているからだ。

〇プラスチック製品メーカーに思いがけない富をもたらしたごみ分別政策

符永林さんが営む九淵塑業公司は、2カ月あまり前から、このような忙しさがつづいている。「忙しくなったのは5月からで、祝祭日も連日出勤した。今は2交替・24時間体制で生産しているが、注文に追いついていない」と彼は現状について話す。

ごみ分別政策の推進によって、符さんの会社のような企業に、思いがけない富がもたらされている。

符さんは、彼のオフィスで、ごみ分別について研究しており、「大きい豚骨はその他のごみだが、小さな豚骨は生ごみだ。筆入れは回収可能なごみだが、ボールペンの芯はその他のごみに分類される」と説明した。

本を暗記するように、彼はごみ分別について熟知しており、彼の会社の従業員も全員これらの知識を身に着けているという。

ごみ箱の仕事をはじめて10年になる符さんは、市場に関してはかなり正確な判断力を備えており、どのようなモデルが良く売れ、どのようなモデルがあまり売れないか、彼は正しく見極めることができる。とはいえ、時には失敗する場合もあるという。

「本当に予想外だったことがある。単価が100元以上する日本風のごみ箱があった。昨年、私は、高すぎるため市場では売れないと思った。だが、市政府がごみ分別政策を断行し、本腰を入れたため、このような高額のごみ箱も爆発的に売れるようになっている」と符さん。

「ちょうど一昨日、ある顧客が会社にやってきて、このタイプの製品を注文したいという。その顧客は、それを西北地方に売りに行きたいというので、私は彼に、『製品価格がこれほど高い上、輸送費もかなりかかる。一体だれが買うのですか?』と尋ねた。するとその顧客は、『全く問題ありません』と答えた。」と符さんは続けた。

○「ゴミ箱を作っていない」とは気が引けて言えないプラスチックク製品メーカー

「プラスチック製品王国」と讃えられる台州市には、プラスチック製品メーカーが1万社以上あり、プラスチック原料の消費量は年間500万トン、国内シェアの10分の一を占めている。

また、現在話題の的となっているごみ箱ビジネスは、地元の人にとってそれこそ食後の格好の話題となっている。

符さんは、「商売に火がついたのに続いて、競争が激化し、低価格で売る悪質な競合も出るようになった。このため、社員には、危機感をしっかり持っておくようにと言ってある」と話した

この業界にとって、スピードがそのまま利潤となる。「新製品は、発売直後の数カ月はかなり儲かるけれども、すぐに模倣品が出回り、価格が下がる」と符さん。

持てはやされたあとは、絶え間なく革新を進め、品質向上に努めないと、長くは続かないと符さんは考えている。

「我々は、3台のモールド(金型)を開発したばかりだ。1台で、1日あたり数千個の新作ごみ箱を製造することができる」と符さんは紹介した。

多くの人にとって、これは極めて大きなビジネスチャンスであることは、否定できない。

住宅都市農村建設部(住建部)の要求によると、今後1年あまりの間に、46の重点都市も、「最も厳しい」ごみ分別システムを実施しなければならない。今後5年以内には、全国各地の市場はいずれも巨大な需要を解き放つことになるだろう。(提供/人民網日本語版・編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事