高速鉄道に比肩?中国が世界をリードする分野とは―米華字メディア

配信日時:2019年7月13日(土) 7時20分
高速鉄道に比肩?中国が世界をリードする分野とは―米華字メディア
画像ID  1108422
11日、米華字メディア・多維新聞は、中国が「高速鉄道並みに世界をリード」する分野について伝えた。写真は「神威・太湖之光」。
2019年7月11日、米華字メディア・多維新聞は、「中国のスーパーコンピューターは高速鉄道並みに世界をリード」と指摘する記事を掲載した。

記事は、スーパーコンピューターの世界ランキング「TOP500」の最新版で中国の「神威・太湖之光」「天河2号」が3位と4位になったことを紹介。「中国のスパコンは高速鉄道に続く、世界に向けてサービスを提供できるハイテク技術と言えるだろう」という中国国家超級計算済南中心の張雲泉(ジャン・ユィンチュエン)主任の発言を伝えた。

記事は、「1970年代に世界のスパコン大規模発展時代が始まった。早い時期に技術でトップを走っていたのは米国企業。2002~04年にかけては日本の『地球シミュレータ』が5回連続でTOP500の1位に立った」と説明した上で、「21世紀に変化が生じた。10年に中国国防科技大学の『天河1号』が初めて首位になり、13~17年も中国のスパコンが1位を維持した」と指摘した。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/07/13 09:50)

    この記事は半分正解半分不正解である、スパコンについては日本は「悪夢の民主党政権」の「荒唐無稽な事業仕分け」の為にこの分野で大幅に出遅れ中国にリードを許してしまっている情けない状態であるが、中国高速鉄道については、中身は所詮日本の旧式新幹線の劣化コピーに過ぎず、頻繁に重大な責任事故ばかり起こし、運転本数も比べ物にならず、また日本の新幹線が秒単位で正確に運行されているのに対して中国高速鉄道は2時間以上の遅延が常態化しているので、日本の新幹線の足元にも及ばないからである
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Gak***** | (2019/07/13 09:39)

    ベクトル演算能力の高さなんぞは所詮、最大風速の様なもの…余り威張れた物ではない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事