日本にやられた韓国が米国に助け求める、だが頼りになるのか―中国メディア

配信日時:2019年7月12日(金) 14時30分
日本にやられた韓国が米国に助け求める、だが頼りになるのか―中国メディア
画像ID  1108196
11日、環球網は、日韓両国の対立が深まる中で韓国が米国に助けを求めているとし、その効果について専門家の意見を紹介する記事を掲載した。写真は韓国の米国大使館。
2019年7月11日、環球網は、日本の輸出規制問題をめぐり日韓両国の対立が深まる中で韓国が米国に助けを求めているとし、その効果について専門家の意見を紹介する記事を掲載した。

記事は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10日に企業30社の幹部との緊急会談を行った際「わが国は、長期戦の可能性も含めて一切の状況に対応すべく準備する」「日本の輸出規制措置は政治目的のもので、意図的に韓国経済に打撃を与えようとしている。これは日韓の友好関係や安全協力を損ねるのみならず、両国経済ひいては世界経済にとってメリットがない」と語るとともに、日本に対して「意固地になって袋小路に入り込まないように」と促したことを伝えた。

また、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が10日夜に米国のポンペイオ国務長官と電話会談し、同長官から「理解」を得たこと、国家安全保証室、外交部、通商交渉本部などの韓国政府当局が立て続けに訪米またはその準備を進めていることを韓国メディアの報道として紹介。さらに、韓国産業通商資源部が12日に東京で日韓両国による対話を行うことを明らかにしたとも伝えている。

そのうえで、米シンクタンク外交問題評議会のシーラ・スミス氏が「オバマ前大統領は日米韓首脳会談を開いて日韓関係改善を促したが、現在のトランプ政権は日韓関係改善に対する興味がなく、改善に向けた計画もない。日韓両国の政治、外交関係者は、米国の仲介に興味を失っている」と語り、現時点で米国が積極的に仲裁に乗り出す可能性が低いとの考えを示したことを伝えた。

スミス氏によれば、日韓関係緊張の背後には北朝鮮問題に対する立場の違いもあるという。スミス氏は「韓国は接触の強化に期待し、日本は制裁の継続を望んでいる。日韓の意見の相違は、米国の東アジア問題に影響する重要なポイントの1つになるだろう」としている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/07/12 19:27)

    >米国のポンペイオ国務長官と電話会談し、同長官から「理解」を得た いずれポンペイオ氏が自身のツイッターで『そんな事は言っていない』と発信するのではないか。何でも自分に都合よく解釈するのが韓国人である。 >韓国産業通商資源部が12日に東京で日韓両国による対話を行うことを明らかにした 日本の誰と対話するかは書いてないが、少なくとも日本のトップは『輸出規制の強化は撤回しない』と断言しているはずだ。首相や外相を説得できる大物とアポを取っていない限りやるだけ無駄である。だいたい産業通商資源部ってただの公務員ではないのか。経産省の役人と会って『お互い苦労しますね』と世間話でもするつもりだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/07/12 16:52)

    もう既に袋小路に入り込んでいて、米国に泣きついている状態。 でも誰が何を忠告しても、韓国人の耳に入るのは韓国人の民意だけである。 たとえ忠告したのが米国の国務長官だろうが、ローマ法王だろうが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事