リモートセンシングビッグデータ、AIで解読

配信日時:2019年7月11日(木) 20時0分
画像ID 
「人工知能(AI)の情報自動取得・加工・抽出技術により、リモートセンシング情報はよりスムーズかつ広範に各分野で応用される」。中国資源衛星応用センターの徐文センター長は、9、10日両日に北京市で開催された世界地理情報開発者会議(WGDC 2019)で、AIとビッグデータ技術がリモートセンシングの応用の革新を喚起したと述べた。科技日報が伝えた。

商湯科技リモートセンシング事業部部長の張琳氏は同会議で、同社のオンラインスマートリモートセンシング解読プラットフォーム「SenseEarth」を発表した。同プラットフォームはAI技術を使い地表衛星写真の識別・分析を行う。一般人も衛星画像に基づく道路抽出、船舶検査・測定、土地利用・分類などのAI解読機能をオンラインで体験できる。

筆者の調べによると、同プラットフォームは同社のリモートセンシングスマート解読ソリューション「SenseRemote」を採用。SenseRemoteはリモートセンシング画像の要素識別・調査、資源分析・評価、動的監視・早期警戒、違法建設行為のモニタリングなど複数の分野に応用されている。

欧比特公司の顔志宇社長は「大量のリモートセンシングデータ、複数の業界の発展のサポートを受け、AIの技術駆動が中国産衛星産業に新たな活力をもたらしている。当社は関連モニタリングモデル及びAIアルゴリズムを利用し、大量のリモートセンシングデータの抽出、詳細な分析、可視化表示が可能だ。これにより政府の管理をサポートし、事前にプランを立て、スマートな判断を促す」と述べた。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<