ZTEが欧州でサイバーセキュリティー実験室の運営開始―中国メディア

配信日時:2019年7月11日(木) 19時0分
ZTEが欧州でサイバーセキュリティー実験室の運営開始
画像ID  1108009
中興通訊(ZTE)の欧州サイバーセキュリティー実験室が10日、ベルギーの首都ブリュッセルで運営を開始した。
中興通訊(ZTE)の欧州サイバーセキュリティー実験室が10日、ベルギーの首都ブリュッセルで運営を開始した。中国の情報通信企業がサイバーセキュリティーと透明性の向上で努力する姿を示すものだ。これに先立って、同じく中国の華為(ファーウェイ)技術有限公司もブリュッセルにサイバーセキュリティートランスペアレンシーセンターを設立している。新華社が伝えた。

その他の写真

ZTEの説明によると、ブリュッセルは欧州連合(EU)の主な行政機関が集まる場所で、ここにサイバーセキュリティー実験室を設立したのは透明性向上に向けた重要な措置であり、情報通信産業のセキュリティー向上に関してZTEがした約束を履行するのが狙いだ。実験室はZTEの製品、サービス、プロセス向けにより幅広い外部のセキュリティー認証を提供するとともに、ZTEと利害関係者とのセキュリティー分野での協力を促進するという。

今年5月、ZTEは中国の南京とイタリアのローマでサイバーセキュリティー実験室を相次いで開設した。欧州サイバーセキュリティー実験室の運営が始まると、3つの実験室がプラットフォームの役割を共同で果たして、ソースコードのチェック、ファイルのチェック、ブラックボックステスト、ペネトレーションテストなどの基本的機能を提供することになる。また、ZTEは専門機関と提携してセキュリティー分野でより踏み込んだ研究活動を進めるとしている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事