Record China

ヘッドライン:

全国で農耕地3400万ヘクタールが森林・草原に―中国

配信日時:2019年7月15日(月) 22時40分
拡大
中国国家林業・草原局は、全国で農耕地を森林や草原に戻す政策が約3400万ヘクタールの土地で実施されたことを明かした。2回にわたる農耕地の森林・草原化で森林面積は約3347万ヘクタール増え、人工森林面積の42.5%を占めた。また、草原面積は34万ヘクタール増え、人工草原面積の2.2%を占めた。農耕地の森林化プロジェクトには計5000億元(約8兆円)以上が投じられている。人民日報が伝えた。

2014年から、中国は新たな農耕地の森林・草原化政策を実施し始めている。現在までに、国は新たな農耕地の森林・草原化の目標を約400万ヘクタールとしている。そのうち森林化面積が366万ヘクタール、草原化面積が34万ヘクタールで、対象となる土地は河北省や山西省、内モンゴル自治区など22省(自治区・直轄市)と新疆生産建設兵団管轄地域にわたっている。現在のところ、中央は新たな農耕地の森林・草原化に687億6000元(約1兆1000億円)を投じている。

評価によると、全国の農耕地森林化プロジェクトで毎年生まれる生態系保護効果の総価値は1億3800万元(約22億800万円)で、プロジェクトに投じた資金総額の2.7倍に相当する。(提供/人民網日本語版・編集/AK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国でも「あおり運転」が社会問題=「路怒症」と呼ばれ病気扱い、根本的な対策は見いだせず

中国でも、あおり運転が問題になっている。「路怒症」と呼ばれ病的な心理状態の発現とされているが、根本的な対策はなかなか見当たらないようだ。写真は福建省で発生した「あおり運転」。被害者側が撮影していたことで、容疑者が特定された。

Record China
2019年2月26日 21時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング