Record China

ヘッドライン:

中国三大かまどの重慶が「火力不足」で涼しい「ニセモノの夏」に―中国

配信日時:2019年7月13日(土) 20時20分

【音声ニュースを聴く】

拡大
ネット上では最近「ぜひ重慶に避暑に来てください」というフレーズが流行している。これは、中国で最も暑い「三大かまど」の一つに数えられる重慶でこのところ涼しい天気が続き、平均気温が20度前後しかなく、「火力不足」であるためだ。写真は重慶。

ネット上では最近「ぜひ重慶に避暑に来てください」というフレーズが流行している。これは、中国で最も暑い「三大かまど」の一つに数えられる重慶でこのところ涼しい天気が続き、平均気温が20度前後しかなく、「火力不足」であるためだ。人民網微信(ウィーチャット)公式アカウントが伝えた。

例年7月には、中国の伝統的「かまど」都市である重慶は常に「火力十分」で、37度以上の高温の天気が続くのが一般的。しかし今年は例年と大きく異なり、7月1日以来、気温が低く長雨が続き、平均気温は25.5度と、涼しい日が続いている。

9日午前にも、重慶の一部地区で断続的に雨が降ったため、多くの市民が「こんな夏はニセモノだ」と感じている。重慶市中心部の街中では、長袖の上着を着る市民の姿も見られた。

天気予報によると、今年7月、重慶全市の平均気温は27.8度で、例年の同時期より0.4度前後高くなる見通しだ。全市の平均降水量は200ミリで、例年同時期より約1割多いと予想されている。7月中旬・下旬になると、重慶の大部分の地区で盛夏となり、雨の少ない時期に入り、各地で高温が続くとみられている。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

40度の猛暑で日本に「観光公害」発生―中国メディア

17日、参考消息網は、連日猛暑が続く日本で、海外からの旅行者が集中する京都などの観光地で、炎天下に旅行者や住民がバスに乗れないなどの「観光公害」が発生しているという日本メディアの報道を伝えた。写真は京都。

Record China
2018年8月20日 8時30分
続きを読む

ランキング