慰安婦映画の監督「作品に登場しない元慰安婦の遺族らが援助金を無心。見るに忍びない」―中国メディア

配信日時:2019年7月10日(水) 16時10分
慰安婦映画の監督「作品に登場しない元慰安婦の遺族らが援助金を無心。見るに忍びない」
画像ID  1107663
旧日本軍の従軍慰安婦を追った中国のドキュメンタリー映画「二十二(TWENTY TWO)」の郭柯監督はこのほど、メディアとのインタビューで、同映画に登場しない元慰安婦の遺族らから援助金を無心されていることを明かした。
2019年7月10日、中国のニュースサイトの観察者網によると、旧日本軍の従軍慰安婦を追った中国のドキュメンタリー映画「二十二(TWENTY TWO)」の郭柯(グゥオ・カー)監督がこのほど、メディアとのインタビューで、同映画に登場しない元慰安婦の遺族らから援助金を無心されていることを明かした。

人民網によると、17年8月14日に公開された「二十二」は、14年時点で中国大陸部に生存していた元慰安婦22人の現在に迫った長編ドキュメンタリー映画。

観察者網によると、郭監督はこのほど、北京青年報とのインタビューで、「撮影当時すでに亡くなっていた元慰安婦の遺族らが昨年から、次から次へと私に電話をかけてきて援助金を無心してきた。そうした遺族には会ったこともなく、その存在すら知らなかった」とした上で、「彼らも慰安婦制度の被害者だ。中国の元慰安婦らによる日本政府を相手取った訴訟問題もまだ解決していない。そうした遺族の姿は見るに忍びない」と同情を示した。遺族らは、「撮影当時すでに亡くなっていた元慰安婦らは同映画には登場していない。だが彼女らも慰安婦制度の被害者であり、彼女らの努力なしには映画は成立しない」などと主張しているという。

郭監督らは昨年10月、コストを差し引いた興行収入の收益など約1008万元(約1億6000万円)を上海師範大学教育発展基金会の「慰安婦研究・援助」プロジェクトに寄付している。

郭監督は、そうした遺族らに、同プロジェクトに援助を申し出るよう勧めているという。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/07/10 22:45)

    >撮影当時すでに亡くなっていた元慰安婦の遺族らが昨年から、次から次へと私に電話をかけてきて援助金を無心してきた 映画に登場しようが登場しまいが、慰安婦というブランドを使う以上は関係者に〈特許使用料〉を払うのが当然という理屈である。こうなると慰安婦被害者と言うより〈慰安婦権利者〉と言うべきであろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事