日本の輸出規制に韓国は日本製品不買運動、反目する隣国―中国メディア

配信日時:2019年7月10日(水) 19時40分
日本の輸出規制に韓国は日本製品不買、反目する隣国―中国メディア
画像ID  1107676
4日、日本政府の韓国に対する半導体材料の輸出規制措置が発動された。韓国政府は目下、対抗措置を検討中だ。
2019年7月4日、日本政府の韓国に対する半導体材料の輸出規制措置が発動された。韓国政府は目下、対抗措置を検討中で、韓国政府が関連の材料、部品、設備生産に大規模な投資を行い、日本製品の代替を実現する道を探り、日本の形を変えた制裁措置による生産の危機を緩和することが主な措置になるとみられる。(文:周永生・外交学院国際関係研究所教授、日本研究センター副センター長。中国網に掲載)

日本政府はなぜ韓国への半導体材料輸出の規制措置をとったのかという疑問が頭に浮かぶ。その主な原因として次の3点が考えられる。

(1)ここ数年、韓国は慰安婦問題日韓合意、第二次世界大戦の時期に日本から強制徴用された韓国の労働者への賠償を命じた韓国大法院(最高裁)の判決など、いくつかの問題をめぐり日本との間で確執が生じていた。韓国の考え方はこうだ。朴槿恵(パク・クネ)政権が日本と調印した慰安婦合意を韓国は非常に屈辱的なものと感じている。というのも、日本が強制連行された慰安婦の存在を認めなかっただけでなく、わずかな資金を拠出しただけで、韓国が歴史の中で味わった慰安婦をめぐる多大な悲しみと苦痛を解決済みにしようとしたからだ。日本の韓国に対する態度は吝嗇そのものであり、韓国は関連の協定を廃棄して、韓国の労働者とその家族に改めて賠償するべきであり、大法院の判決に基づいて日本企業に対する強制執行を行うべきだ。一方、日本側の考えは、日本と韓国はすでに関連合意に達しており、韓国の労働者と慰安婦に対しさらに賠償する義務はない。韓国が条約を破棄し、日本の利益を損なったのであり、日本は対抗措置をとらざるを得ないというものだ。

(2)韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任すると、前任者・朴槿恵氏の日本に接近して、日韓が抱える問題を解決するとしていた方針を転換して、日本に対ししばしば強硬な政策を打ち出すようになった。朴槿恵氏の執政期間に日本と調印した慰安婦問題解決のための協定を実質的に破棄したほか、独島(日本名・竹島)の問題、韓国警備艦などの問題で日本と鋭く対立する政策を実施し、日韓関係を急激に冷え込ませ、硬直して対立する状態にさえさせ、日韓関係はお互いに恨み合い、対立がエスカレートし合う状況に陥った。

(3)北朝鮮の核問題と朝鮮半島の問題で、文大統領は南北関係を大幅に緩和し、南北間の対立を解消し、同じ民族の同じ感情をもつもの同士として関係を強化し、朝鮮半島の平和メカニズムを構築すべきであると主張する。一方、安倍政権はあらゆる手を使って韓国に圧力をかけ、朝鮮に対し強い政治的圧力、軍事的封鎖、経済制裁を行うよう韓国に要請しており、韓国政府は打算を含んだ日本の朝鮮半島政策に強い不満を抱く。また安倍政権は、文大統領の朝鮮半島政策と朝鮮核問題政策を暗に批判し、双方の対立はますます激化している。

安倍政権が韓国に対する半導体材料3種類の輸出規制政策を打ち出した動機について、主に次の3点が考えられる。

第1に、日本の韓国に対する半導体材料の規制政策は、半年にわたって準備してきたことだ。長らく公表していなかったのは、大阪での主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)がスムーズに開催されるようにするためだった。G20大阪サミットが終わり、日本にははばかることがなくなったので、6月30日に韓国に対する形を変えた制裁措置を打ち出した。時期の選択は適切であり、いささか切迫してもいた。

第2に、7月下旬に、日本では参議院選挙が行われる。安倍政権は韓国に対する強い姿勢を示さなければ、日本国内の韓国に対して強硬な声を上げる層を引きつけて、彼らの支持を得ることができない。今回の制裁のタイミングは、これから行われる選挙と遠くで呼応し合い、安倍政権が有権者の支持を取り付けるための切り札になり得る。多くの日本国民は韓国に対して思うところがあり、安倍政権の強硬な政策は、安倍首相の所属する自民党が選挙でより多く票を獲得するのにプラスにはたらく。

第3に、ここ半年あまり、日本国民の間に、安倍首相は外交で深刻な挫折に直面したという見方が広がっている。対ロシア外交で何も得られず、北方領土のうち2島の返還もうまくいかず、返還はいつになるかわからないこと。日韓関係で再び谷間に落ち込み、少しも改善の兆しがみられないことなどだ。G20大阪サミットは一般的に成功したと評価されたが、安倍政権の外交の成果としてはそれほど実質的な内容があるわけではない。よって米国のまねをして強硬な対外的制裁措置を打ち出し、経済面で韓国に対し報復的制裁措置をとったことには、外交で業績を上げ、有権者の支持を得たいという安倍政権の動機が隠れているかもしれない。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 大高富***** | (2019/07/10 22:05)

    我々と違いこの周何某はいやしくもプロの”教授”を名乗っていますが、何とお粗末な認識、知識なのでしょう。日本についての知ったかぶりは止めないといずれ馬脚を現し軽蔑されるようになりますよ。もっとよく勉強しなさい!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/07/10 20:30)

    >日本に対ししばしば強硬な政策を打ち出すようになった。 しばしば? 言葉は正しく使いましょうね 日本に対しやる事なす事強硬な政策しか打ち出さなくなった。 だよ >よって米国のまねをして強硬な対外的制裁措置を打ち出し、経済面で韓国に対し報復的制裁措置をとったことには、 米国の真似? 日本がどれだけ韓国のクズどもに煮え湯を飲まされてきたと思ってんの? トランプと違って日本は正当な権利を行使したに過ぎず不当な事なんて何もして無いんだよ そもそも日本から言わせてもらえば、この程度報復にも入らんと言う事だよ 本気で報復するならハードカレンシーから韓国を外してるよ 既に日米と通貨スワップを終え中国からも延長しないと突き付けられ IMFから次は無いとお墨付きを貰った日本の保証が無ければ紙切れ以下の価値しかない 韓国ウォンを保証してやれる国が他に有るとでも?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/07/10 19:51)

    この前から明けても暮れても同じ事ばかり報道している、究極のマンネリズム、もう聞き飽きたよ
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事