中国、1万人あたり発明特許保有件数の目標を前倒しで達成―中国メディア

配信日時:2019年7月12日(金) 9時20分
中国、1万人あたり発明特許保有件数の目標を前倒しで達成
画像ID  1107692
今年6月末現在の中国の1万人あたり発明特許保有件数は12.5件に上り、昨年末より1.0件増となった。第13次五カ年計画の12件という目標を前倒しで達成した。資料写真。
9日に開かれた国家知的財産権局2019年第3四半期定例記者会見での取材によると、今年6月末現在の中国の1万人あたり発明特許保有件数は12.5件に上り、昨年末より1.0件増となった。第13次五カ年計画の12件という目標を前倒しで達成した。科技日報が伝えた。

データによると、今年上半期の中国の発明特許出願件数は前年同期比9.4%減の64万9000件で、取得件数は同9.9%増の23万8000件。うち中国内発明特許取得件数は19万2000件。中国内(香港・マカオ・台湾を除く)発明特許取得件数トップ3の企業は、華為(ファーウェイ)技術有限公司、中国石油化工股フン有限公司(フンはにんべんに分)、OPPO広東移動通信有限公司。

また、今年上半期の商標登録出願件数は同4.1%減の343万8000件。商標登録件数は同67.8%増の351万5000件。6月末現在の中国の有効商標登録件数は同35.3%増の2274万3000件で、平均5.2の市場主体が1件の有効商標を保有している計算だ。登録が承認された地理的表示(GI)保護商品は229件で、その使用を承認された企業は116社。集積回路設計登録出願件数は同45.7%増の2904件で、登録件数は同52.0%増の2487件。

言及すべきは、海外の中国における発明特許出願件数が今年上半期に同8.6%増の7万8000件に、商標出願件数が同15.4%増の12万7000件に達したことだ。海外の中国における発明特許・商標出願件数は持続的かつ安定的に増加している。これは中国の知的財産権保護に対する国際社会の信頼を示している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Gak***** | (2019/07/12 16:20)

    自分も7件の特許を取ったが、報奨金は各2千円だけだった…数学分野であり、直接の収益に繋がらないせいでもあったが。 一般的に日本の企業は、(他社の追随を許さない程のブレークスルーででもなけりゃ)特許で公開するよりは、秘匿する方が収益に利する、と考えている…故に、特許出願数のみから技術の躍進性を語る事には、無理がある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/07/12 09:51)

    特許を沢山持っている割には他所の国(特に日本)の物をパクってばかりいるけどそこの所どうなの?実際に役に立たない特許等いくら沢山あっても無意味だと思うが
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事