日本の対韓輸出規制、日韓企業がそれぞれ対策に動く―海外メディア

配信日時:2019年7月10日(水) 13時50分
日本の対韓輸出規制、日韓企業がそれぞれ対策に動く―海外メディア
画像ID  1107607
今月4日に始まった日本政府による半導体材料3品目の対韓輸出規制について、中国メディア・参考消息網は10日、「日韓企業がそれぞれ対策に動いている」との記事を掲載した。資料写真。
今月4日に始まった日本政府による半導体材料3品目の対韓輸出規制について、中国メディア・参考消息網は10日、「日韓企業がそれぞれ対策に動いている」との記事を掲載した。

記事はロイター通信の報道を引用。半導体材料のフッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、フッ化水素の輸出で韓国に認められていた優遇措置が取り消されたことで輸出ごとの許可取得が必要となったこと、審査に約90日間を要することを説明した。

記事によると、韓国の業界団体関係者は「サムスン電子とSKハイニックスは中国のサプライヤーからの調達拡大に動いている」とコメントし、「これには日本以外の地域の在庫に余裕がある企業への取引打診も含まれる」と指摘した。サムスンは、「輸出規制の影響を弱めるためにさまざまな措置を検討しているところ」と表明したという。

記事は、ロイターが「日本の輸出規制が輸出禁止令に変わるかどうかは現在のところはっきりしないが、韓国のチップメーカーはこの局面が全面的危機に発展することを心配している」と指摘したことを説明した上で、韓国のチップメーカー関係者から出た「これら材料はわれわれがすぐに別の場所で見つけられるものでも購入できるものでもない」「日本以外で代替品が見つかったとしても品質確保のためのテストが必要」との声を紹介。一方の日本企業の動きについては、「JSRの広報担当者はベルギー工場のレジストを一部供給することが可能との考えを示した。東京応化工業の広報担当者は韓国に持つ工場が韓国の顧客に『ある程度の期間』はレジストを提供できるとしたが、その工場は日本から原料を輸入してはじめてレジストを生産できる」と伝えた。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/07/10 23:07)

    日本政府は『輸出審査に最長で90日掛かる』と言っているだけなのに、韓国は輸出禁止になったような騒ぎである。サムスンのラインが90日停止すれば大変な損害が出るだろうが、それでも騒ぎ過ぎの感がある。まるで輸出審査で都合の悪い事実が明らかになることを怖れているみたいだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sor***** | (2019/07/10 14:11)

    原料調達は第三国経由であろうが日本政府の許可がいるんだよ、ちんぴらみたいにあれこれ規制の隙間探るのももってのほか。でないと優遇処置取り消した意味ねえだろ。要するに企業間同士のやりとりなんて政府の傘の下では無力なんだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/07/10 14:04)

    驚天動地の如く狼狽しているのは韓国だけで日本の企業は普段通り操業している、あたかも日本企業が混乱しているかに思わせる印象操作丸わかりのタイトルは良くない、これでは「日本一信頼出来ない有力メディア反日極左のチョウヒ新聞」こと朝日新聞並である
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事