中国高速鉄道にまつわるトリビア―中国メディア

配信日時:2019年7月12日(金) 9時50分
中国高速鉄道にまつわるトリビア―中国メディア
画像ID  1107549
9日、中国経済網は、中国高速鉄道に関するトリビアを紹介する記事を掲載した。
2019年7月9日、中国経済網は、中国高速鉄道に関するトリビアを紹介する記事を掲載した。

記事は、10日より中国の鉄道ダイヤ改正が行われ、高速道路の「復興号」の新たな車両が導入されると紹介するとともに、今年第1四半期現在で中国高速鉄道の累計輸送旅客数がのべ100億人を突破したと紹介。旅客や貨物の輸送規模、輸送密度など運輸関連の主要経済指標の多くで世界一を獲得していると伝えた。

そのうえで、中国高速鉄道にまつわるさまざまなトリビアを紹介している。まずは、自動車に乗る際に必要なシートベルトを高速鉄道では着用する必要がない理由について、「安定性能の高い車両や加速度の制御、さらには継ぎ目のないロングレールの採用などにより縦、横方向の振動がいずれも大きくカットされており、シートベルトを着用しなくても安全な運転状態が確保できる」と説明した。また、「揺れが小さく安定していることから、酔いも起こらないのだ」としている。

さらに、「高速鉄道車両に使われているシートは衝突防止設計になっており、急ブレーキなどにより後ろに座っている乗客の頭やひざが前列のシートにぶつかった時、シートが衝撃を吸収して変形するようになっているため、乗客への衝撃が緩和される」と説明した。

このほか、日本の航空業界で大きな問題としてクローズアップされた乗務員の飲酒に関する豆知識も紹介。「高速鉄道の運転手は始業時、休憩前、乗務前、そして乗務後と4度にわたってアルコール検査を受ける必要があるため、飲酒運転はやろうとしてもやりようがない」としている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/07/12 10:54)

    それに加えて「車両の内容は実は日本の旧式新幹線」「責任事故であの世に簡単に行くことが出来る」「公称時速350キロだが実は時速270キロ」という看過出来ないトリビアがいくつもありますよね(笑)、あと確かに酒を飲んで乗務する日本の航空会社のクズ共は最悪だが、中国の航空会社は墜落ばかりしているのでダメさ加減ではどっこいどっこいですよね(笑)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/07/12 10:37)

    事故ったら調査もせずに埋めて即日復旧させるというのを忘れとるよ >シートベルトを着用しなくても安全な運転状態が確保できる 300km/h以上で走行して事故ったらそれで終わりだからな 温州の事故では一体何人の命を奪ったんですかね >シートが衝撃を吸収して変形するようになっているため、乗客への衝撃が緩和される それ1等座席だろ2等座席は固いテーブル付いてるよね それにいくら柔らかいと言っても頭から突っ込んだら首がダダでは済まないだろうね それならエアバッグでも付けてる方がマシだよね
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事