韓国「日本から輸入できないなら国産化しよう!」、そんなに簡単な話ではない―中国メディア

配信日時:2019年7月10日(水) 6時10分
韓国「日本から輸入できないなら国産化を!」、そんなに簡単な話ではない
画像ID  1107326
中国メディアの環球時報は9日、日本の輸出規制を受け、韓国が半導体材料の自主開発に乗り出したと報じた。
中国メディアの環球時報は9日、日本の輸出規制を受け、韓国が半導体材料の自主開発に乗り出したと報じた。

4日から輸出規制が強化されたのは、スマートフォンのディスプレーに使われるフッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、フッ化水素の3品目。半導体・ディスプレーの製造には欠かせない素材で、日本企業が7~9割という高い世界シェアを持つ。サムスンやLGなどは、ほぼすべてを日本企業からの輸入に頼っている。長期保存がきかないため、2~4週間程度で影響が出るとも言われている。

韓国・文化日報によると、業界関係者は「半導体の特性から、短期間であっても生産が止まると大きな損失を招く。原材料の供給ストップは数兆ウォン(数千億円)単位の損失になる」とした。2018年3月にサムスン電子の半導体工場で30分間の停電があったが、この時の損失は500億ウォン(約46億円)に上った。全国経済人連合会の関係者は「3日間生産が停止すると損失は7兆ウォン(約6450億円)になる」と話しているという。

韓国は1965年の国交正常化以降、ずっと日本に対して貿易赤字が続いてきた。中央日報は8日付の記事で「韓国の対日貿易赤字は累計で6046億ドル。昨年は240億ドルで、主要な貿易相手国の中で最大規模だった」と伝えた。亜洲日報は、「貿易赤字の主因は、原子炉・ボイラーなどの機械類、光学機器や精密機器、半導体や集積回路の生産設備、チップ・コントローラーなどの輸入。これらは日本製品が圧倒的な市場シェアを占めており、早期の国産化は難しい。一方、対日貿易で黒字となっているのは鉱物性燃料や天然真珠・貴金属、魚介類などで、日本にとってはいずれも容易に輸入代替先が見つかるものだ」としている。

記事は、「韓国の半導体やディスプレー産業は拡大しているが、重要な領域では日本頼みとなっており、しかも長時間の技術の蓄積があって初めて生産が可能になる部品や材料がほとんどだ」と指摘。韓国政府などは半導体の材料や部品、設備の開発に毎年1兆ウォン(約920億円)規模の集中投資を行う方針を示し、ネット上でも「国産化」「自主開発」が叫ばれているが、延世大学の成太胤(ソン・テユン)教授は「資金を投入して解決できるなら、問題はとっくに解決している」「人材と技術こそが長期的な課題なのだ」と指摘している。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • TAV***** | (2019/07/11 20:16)

    フッ素は電気陰性度4のハロゲン族元素で極めて反応性に富む。 フッ素と反応しない元素はヘリウムやネオンくらいのものだ。 つまりは極めて危険な物質、毒性も強い。相手の元素から電子を奪いたくてゆんゆんしているんだな♡ フッ化水素は弱酸とされてはいるがその威力はフフフ・・・!なレベルだ。 さて、彼の国での純度の高いフッ化水素の国産化は(出来るかどうかわ解らんが)中々一筋縄ではいかんだろう。緻密な製造設備も必要だし・・・。 日本から輸入しているものと同等のレベルのフッ化水素を製造出来る様になるまで何人の死人・犠牲者が出るのだろう・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/07/10 23:45)

    >人材と技術こそが長期的な課題なのだ 仮にフッ化水素化合物の製造に携わる技術者をヘッドハンティングしても、化合物製造に必要な原材料や製造機械がなければ作ることが出来ない。もちろん簡単に売ってもらえないことくらいわかるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • yu0***** | (2019/07/10 19:05)

    韓国政府の1976年12月発行の公刊資料『請求権資金白書』より! 1965年に、「日韓基本条約」と「日韓請求権・経済協力協定」を締結し国交を結ぶ、日本は、韓国国内に残した約53億ドルの莫大な資産を放棄、当時の韓国の国家予算の約2.5倍という総額8億ドル(無償3億ドル、有償2億ドル、民間融資3億ドル)を経済協力金として支払った。日本の外貨準備額が18億ドルの時の8億ドルだ! 資金は高速道路や製鉄所、鉄道、電気、上下水道、橋、港湾、ダム建設、医療、科学、技術教育、農業、水産支援等あらゆる分野に使われた事が記され、個人にも預貯金、保険や軍人、軍属、労務者など死亡した「被徴用者」に対する補償も行われた。 今回の徴用工補償問題は、韓国政府が支払えば済む話だ。資金について当時の韓国政府は、経済建設使用が国家国民の利益と判断、日本提案の個人補償はさせなかった。 感謝も謝罪も知らない、国家国民達!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事