“非イケメン”で批判浴びた注目の華人俳優、実写版「ムーラン」で一気にブレークするか?

配信日時:2019年7月9日(火) 21時10分
華人俳優、実写版「ムーラン」で一気にブレークするか?
画像ID  1107253
8日、ディズニーの実写版映画「ムーラン」から公開された初のトレイラー映像で、ヒロインの相手役ながら中国では無名の華人俳優、安佑森(Yoson An)のビジュアルが注目されている。
2019年7月8日、ディズニーの実写版映画「ムーラン」から公開された初のトレイラー映像で、ヒロインの相手役ながら中国では無名の華人俳優、安佑森(Yoson An)のビジュアルが注目されている。

その他の写真

98年公開のアニメ「ムーラン」を実写化するこの映画は、南北朝時代を舞台にした中国では非常に有名な伝承の物語で、父に代わって従軍し、匈奴と戦う男装の少女ムーラン(花木蘭)の活躍を描くもの。中国の人気女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)がヒロインに起用され、来春の全米公開に向けてこのほど、初のトレイラー映像が公開された。

ムーランと共に入隊し、一緒に成長してゆく同僚の兵士チェン・ホンホイを演じるのは、ニュージーランド籍で27歳の安佑森(Yoson An)。「グリーン・デスティニー」の続編「ソード・オブ・デスティニー」や「MEG ザ・モンスター」などに出演しているが、中国ではほぼ無名の俳優だ。

昨年、ヒロインの恋人役として発表された時は、“中国式”のイケメンではないことが大きな話題に。「リウ・イーフェイと並ぶと見劣りする」「欧米人の目に映るアジアのイケメンはこんな感じ?」「顔面偏差値に問題あり」などと嘆きの声も上がっていた。

今回、約90秒間のトレイラーに一瞬だけ登場した安佑森だが、180センチを超える長身や、特技の空手や中国武術で培われた体つきの良さが明らかに。花のような美男より、実直でワイルドな魅力を持つ安佑森のほうがキャラクターに合うようだと、映像を見たネットユーザーからは「ぜひブレーク作になってほしい」と期待の声も上がっている。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事