上海「ごみ強制分別」、施行から1週間で罰金通知書190枚―中国メディア

配信日時:2019年7月8日(月) 17時50分
上海「ごみ強制分別」、施行から1週間で罰金通知書190枚
画像ID  1107008
8日、中国中央テレビによると、上海市で今月1日から生活ごみの「強制分別」が開始されたが、6日までに都市管理行政執法局員が出した「罰金通知書」は計190枚に上ったという。
2019年7月8日、中国中央テレビによると、上海市で今月1日から生活ごみの「強制分別」が開始されたが、6日までに都市管理行政執法局員である「城管」が出した「罰金通知書」は計190枚に上ったという。

上海では今月1日から「史上最も厳しいごみ分別措置」と言われる「上海市生活ごみ管理条例」が施行された。

条例では、生活ごみは大きく、リサイクル可能なごみ、有害ごみ、水分を含んだごみ(生ごみ)、乾燥したごみ(生ごみ以外の燃やせるごみ)の4種類に分別し、決められた時間に出すことが求められる。個人がごみを分別しないまま捨てた場合、最高200元(約3200円)の罰金が科せられるほか、企業が規定通りにごみを分別しなかった場合は最高で5万元の罰金が科せられる。

中国中央テレビによると、違法行為の内訳は、「規定通りにごみを分別して出さなかった」が55%で最も多く、「規定通りに分別容器を設置しなかった」が35%で続いた。場所別では、商業施設が66%で最も多く、企業・公的機関(35%)、居住区(32%)、病院(16%)、学校(10%)、党・政府機関(6%)だった。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/07/08 18:07)

    中国の〈城管〉は違法な屋台をひっくり返して罰金を取るチンピラみたいな職業だと聞いている。ゴミの分別についてもどんなに厳密に分けても罰金を取られるはずだ。捨てた覚えのないゴミが袋に入れられているのかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事