日本で「対韓国輸出規制撤回」に署名続々、韓国でも注目

Record China    2019年8月27日(火) 17時50分

拡大

27日、日本の知識人らが日本政府の対韓国輸出規制強化措置の撤回を求めて行っている署名運動に1カ月で9000を超える署名が集まったとのニュースを韓国・聯合ニュースなどが伝え、ネット上で注目を集めている。写真はNソウルタワー。

2019年8月27日、日本の知識人らが日本政府の対韓国輸出規制強化措置の撤回を求めて行っている署名運動に1カ月で9000を超える署名が集まったとのニュースを韓国・聯合ニュースなどが伝え、ネット上で注目を集めている。

「韓国は『敵』なのか」声明の会は25日までに署名運動への参加者が9000人を超えたと発表した。先月25日から署名運動を開始した同団体は、今月15日までだった1次期限を延長し、現在も声明への賛同を呼びかけている。署名運動は31日まで行われるが、今の勢いが続けば1万人を達成するとみられている。

団体は声明で「まるで韓国が日本の敵かのように対応するのは大きな間違い」「韓国は自由と民主主義を基に東アジアの平和と繁栄を共に築いていく大切な隣人」などと主張している。

これに韓国のネットユーザーからは「心ある日本人も多いんだね。ありがとう」「韓国でも『日本は敵なのか』運動が広がればいいのに」「過去を忘れてはならないが現在も大切。韓国はなぜ大事な友邦国を挑発し続けるのか」などの声が寄せられている。また、「その思いを投票で示してほしい」「韓国の敵は安倍首相だけ。日本国民が安倍首相を追い出せば日韓は仲良く暮らせるよ」と訴える声も。

一方で「日本の人口を考えるとずいぶん少ないね?」「実際のところ、日本人のほとんどが政治に興味ない」「結局は多くの日本人が安倍首相を支持している。韓国人は日本が降参する日まで不買運動を続けるよ」などの声も多く上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携