韓国中小業者団体、日本製品の販売中断を宣言、日本企業のロゴが描かれた箱踏みつぶす―中国メディア

配信日時:2019年7月7日(日) 17時30分
韓国中小業者団体、日本製品の販売中断を宣言―中国メディア
画像ID  1106818
7日、海外網は、日本が韓国向けの半導体材料の輸出規制を強化したことを受け、韓国の中小業者団体が5日、日本製品の販売中断を宣言し、日本企業のロゴが描かれた箱を踏みつぶすパフォーマンスを行ったと報じた。資料写真。
2019年7月7日、中国のニュースサイトの海外網は、日本が韓国向けの半導体材料3品目の輸出規制を強化したことを受け、ソウルの日本大使館近くでは韓国マート協会など中小業者団体が5日、日本製品の販売中断を宣言し、日本企業のロゴが描かれた箱を踏みつぶすパフォーマンスを行ったと報じた。

朝日新聞の6日付報道を引用して伝えたもので、このパフォーマンスは全国に放送されたほか、韓国メディアによると、約230店が運動に参加し、近日中にコンビニエンスストアなどを含め10万人の同業者が加わるとみられるという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 11

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • yu0***** | (2019/07/11 18:23)

    『請求権資金白書』韓国政府が1976年12月発行の公刊資料より 1965年に「日韓基本条約」「日韓請求権・経済協力協定」を締結し国交を結ぶ、日本は、韓国国内に残した約53億ドルの莫大な資産を放棄、当時の韓国の国家予算の約2.5倍の総額8億ドル(無償3億ドル、有償2億ドル、民間融資3億ドル)を経済協力金として支払った。日本の外貨準備額が18億ドルの時の8億ドルだ! 資金は高速道路や製鉄所、鉄道、電気、上下水道、橋、港湾、ダム建設、医療、科学、技術教育、農業、水産支援等あらゆる分野に使われた事が記され、個人にも預貯金・保険や軍人・軍属・労務者など死亡した「被徴用者」に対する補償も行われた。 今回の徴用工補償問題は、韓国政府が支払えば済む話だ! 当時の韓国政府は請求権資金を、個人補償でばら撒くより経済建設使用が国益と判断、日本提案の個人補償はしなかった! 感謝と謝罪ができない国家と民族!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2019/07/07 23:24)

    これらはボイコットするけどフッ化水素は寄越せって自己矛盾に気が付かないのかしらこの人達w
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2019/07/07 22:48)

    日本の例の”朝”だの”毎”だのといった新聞社が三流国並みの三並(ミナミ)×鮮による日本製品の不買運動につき、いやに大々的に取り上げ日本に”危機感(?)”を煽っていますね。残念ながら余り”効果”はないと思うのですが…。この運動長続きすると思いますかね。もっとも、この三流国人種、いずれ又「嘘とゆすりたかり」の新しいネタにして、自分達の行動は棚にあげ「商売ができなくなった、日本は賠償しろ」と言い出すのでしょうね。下劣人種とその協力”新聞社”。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事