婚約者と破局の女優ファン・ビンビン、“愛の証し”売却に「不吉すぎる」「金策がすごい」驚きの声

配信日時:2019年7月7日(日) 19時0分
婚約者と破局の女優ファン・ビンビン、“愛の証し”売却に驚きの声
画像ID  1106798
6日、このほど婚約者の俳優リー・チェンと破局した女優ファン・ビンビンが、かつてのゴージャスな贈り物をフリマアプリで売りに出していると話題に。その設定価格が「不吉すぎる」などとネット上でからかわれている。
2019年7月6日、このほど婚約者の俳優リー・チェン(李晨)と破局した女優ファン・ビンビン(范冰冰)が、かつてのゴージャスな贈り物をフリマアプリで売りに出していると話題に。その設定価格が「不吉すぎる」などとネット上でからかわれている。

その他の写真

2015年に交際をスタートさせ、17年9月には婚約も明らかにしていたリー・チェンとファン・ビンビンは先月27日、それぞれ中国版ツイッターを通じて別れを発表したばかり。芸能人や有名人の出店でも人気のフリマアプリ「花粉児(huafer.cc)」に、約2年前からアカウントを開設しているファン・ビンビンだが、ここにこのほどバラの造花で飾られたクマの巨大な置き物「ローズベアー」が登場した。

「愛の証し」としてプレゼントに人気の「ローズベアー」だけに、もともとはリー・チェンからの贈り物ではないかと話題になっているほか、さらにネットユーザーが注目したのはその価格。元値のほぼ半額となる3万8888元(約61万円)で売りに出しているのだが、「38」の発音が「散[口巴](別れよう、の意味)」と同じ「サンバー」となるため、「不吉すぎる」「呪いの人形か?」「こんな物をこの値段で売るなんて、ブラックすぎる」などと驚きの声が。また、昨年は巨額脱税騒動で注目され、8億8400万元(約147億円)の罰金と追徴課税金の納付を命じられたファン・ビンビンだけに、「恥を捨ててこんなのを売るほど金策に走ってるの?」「生々しくて怖い!」といった驚きの声も上がっている。

なお、ファン・ビンビンは、破局を発表した3日後にはリー・チェンと食事を共にしていたため、別れは見せかけではないかとも言われていたが、この「愛の証し」が売りに出されたことで「破局は間違いなし」と納得する声も上がっている。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事