Record China

ヘッドライン:

アリペイが女子サッカーの発展支援、10年で160億円―中国

配信日時:2019年7月8日(月) 19時10分
拡大
支付宝は5日に浙江省杭州市で記者会見を行い、中国女子サッカーの発展を支援するため、これから10年にわたり計10億元(約157億円)を投入すると発表した。写真はロシアW杯。

支付宝(アリペイ)は5日に浙江省杭州市で記者会見を行い、中国女子サッカーの発展を支援するため、これから10年にわたり計10億元(約160億円)を投入すると発表した。中国新聞社が伝えた。

「10年10億」プランはこのほど発足した支付宝公益基金会が中心となり、馬雲公益基金会、蔡崇信公益基金会が協賛する。支付宝基金会が初めて実施する支援プランでもある。

10億元の具体的な使い道は次の4方面。▽女子ナショナルチームのトレーニングレベル向上▽女子サッカー選手のけが・病気の保障と引退後のセカンドキャリアのバックアップ▽女子サッカーの技術向上とコーチの育成▽青少年女子サッカーのスポーツとしての普及と発展を推進し、トレーニングを支援し、女子サッカー人口を増やすこと。

支付宝によると、「このほど阿里巴巴(アリババ)経済体が発表したように、支付宝はこれから毎年、収入の1000分の3を公益事業に充てることとした。今回の女子サッカー発展への出資は公益目的の行為であり、商業目的の協賛ではなく、ビジネス上の権益とは関係がない」という。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

自陣ゴール前から25秒で11本パスつなぎシュート!オランダに敗れベスト16敗退も、中国メディアはなでしこのパスワークを称賛

サッカーの女子W杯フランス大会の決勝トーナメント1回戦で、なでしこジャパンはオランダに1-2で敗れベスト8進出とはならなかった。だが中国のスポーツメディアの網易体育は、なでしこがこの試合で見せたパスワークを称賛している。

Record China
2019年6月26日 18時20分
続きを読む

ランキング