人民元、30年以内に米ドルに代わる国際準備通貨に―中国専門家

Record China    2013年5月28日(火) 18時1分

拡大

27日、中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露金融政策委員は、このほど発表した研究報告書で、「人民元は30年以内に米ドルに取って代わり、最も重要な国際準備通貨となるだろう」と指摘した。写真は人民元と米ドル。

(1 / 2 枚)

2013年5月27日、中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露(チェン・ユールー)金融政策委員(中国人民大学学長)はこのほど、中国人民大学重陽金融研究院で「中心的国家へ、中国の『大金融』戦略と発展の道」と題する研究報告書を発表した。陳氏は報告書の中で「人民元は30年以内に米ドルに取って代わり、最も重要な国際準備通貨となるだろう」と指摘した。京華時報が伝えた。

その他の写真

陳氏の主張する内容は次の通り。

英ポンドと米ドルは世界の主要準備通貨になるまでに、それぞれ55年、50年を要した。人民元の国際化も長期的なプロセスであり、最終的には2040年に最も重要な国際準備通貨となるだろう。

人民元が最も重要な国際準備通貨になるには3つの10年が必要だ。すなわち、初めの10年間は近隣諸国及び地域における人民元の使用、次の10年間はアジア全体での使用を拡大し、最後の10年で国際化を実現、世界的な重要通貨となる。

世界各国の経験や国内の状況、金利市場化改革の日程を総合的に考慮すると、中国の資本勘定の自由化は2015年から2020年にかけて完了する。つまり、金利市場化は2017年ごろまでに完了するだろう。

もし、正規のルートで実体経済の需要を全て満たすことができれば、シャドーバンキング(影の銀行)は出現しないだろう。より効果的に実体経済に資するためには、金融市場化改革を推進し、資源配置をより正確かつ敏感に行う必要がある。この点から見れば、シャドーバンキングはより資金需要に即していると言える。ゆえに、シャドーバンキングを単純に取り締まるのではなく、監督管理の範囲に組み込むことで、多層的な金融体系が構築できる。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/内山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携