Record China

ヘッドライン:

マギー・チャン、トニー・レオンとの「三角関係」で辛口トーク!金馬奨で親善大使に―台湾

配信日時:2013年5月28日(火) 22時20分
拡大
27日、“台湾のアカデミー賞”とも呼ばれる第50回金馬奨の広報大使に選ばれた香港の女優マギー・チャンが、台北市内で発表会に出席した。
(1/8枚)

2013年5月27日、“台湾のアカデミー賞”とも呼ばれる第50回金馬奨の広報大使に選ばれた香港の女優マギー・チャン(張曼玉)が、台北市内で発表会に出席した。NOWnewsが伝えた。

その他の写真

11月に開催される金馬奨は、今年で50周年を迎える。これを記念して、マギー・チャンが広報大使を務めることに。27日、台北市内で行われた発表会にはそのマギーと、「悲情城市」などで知られる台湾映画界の巨匠ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督が出席した。

04年の映画「クリーン」を最後に、女優業から離れてすでに約10年が経った。それにも関わらずマギーに白羽の矢が立ったのは、彼女の高い知名度だけでなく、過去の金馬奨で3回も女王の座に輝いた実績から。89年の「フルムーン・イン・ニューヨーク」に始まり、91年の「ロアン・リンユィ 阮玲玉」、96年の「ラヴソング」で主演女優賞に輝いている。

今年49歳を迎えたマギー。「元気に暮らせるのは、演技に悩んで神経をすり減らす生活じゃないから」と語り、目下のところ女優復帰について考えていない様子。昨年、著名ドイツ人建築家オーレ・シェーレン氏と破局したが、現在はシングル生活を満喫中だという。

発表会では、司会者から「今回はトニー・レオン(梁朝偉)は来ないよ」と声がかかると、「ほんと?彼が来るって言うから引き受けたのに。じゃあ、これで帰るわ!」と、大使役に彼女を任命したホウ監督に対して冗談交じりにクレームをあげるひと幕も。これまで30年近く、マギーとトニー、彼の妻であるカリーナ・ラウ(劉嘉玲)の間で三角関係が伝えられてきただけに、それを逆手に取った辛口ジョークとなっている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング