Record China

ヘッドライン:

日本の「準空母」2隻がアジア太平洋諸国を個別訪問、「かなり活発」と中国メディア

配信日時:2019年7月4日(木) 10時20分
拡大
2019年7月3日、中国のニュースサイトの環球網は、「日本の海上自衛隊の『準空母』2隻が最近、アジア太平洋の複数の国を個別に訪問した」とし、「かなり活発な活動を見せている」と報じた。

記事はまず、6月30日から7月3日までフィリピン北部ルソン島のスービック港に寄港している海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」について、「海自の隊員らは7月1日、フィリピン海軍との書道や綱引きなどを通じた文化交流、スポーツ交歓イベントを行った」と紹介した。

続いて、ヘリコプター搭載型護衛艦「いせ」について、「6月23日にブリスベンを出港し、駐豪米軍とヘリの発着艦訓練、立入検査訓練、LCACによるビーチング訓練などを実施した」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国空母がグアム近海に初進出、同時期に南シナ海では日米共同訓練、激しさ増すけん制合戦

中国の空母「遼寧」は6月中旬、米軍基地のあるグアム島周辺海域を初めて航行した。同時期に南シナ海では海上自衛隊の護衛艦と米原子力空母などが共同訓練を行った。海洋支配をめぐる日米と中国のけん制合戦は激しさ増すばかりだ。

Record China
2019年6月29日 13時30分
続きを読む

日本とベトナムが軍事協力を強化、海自艦「いずも」が南シナ海に面する軍事要衝に寄港―中国メディア

15日、中国メディアの観察者網は、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が南シナ海に面するベトナム中部の軍事要衝カムラン湾に寄港したことを紹介し、「中国が台頭する中、日本とベトナムが軍事協力を強化している」と報じた。写真は「いずも」。

Record China
2019年6月16日 12時40分
続きを読む

「日本の『空母』、低強度作戦環境の対地攻撃など3作戦モデル採用」と中国メディア、中国には対抗できないと自信も

事実上の空母化が決まった海上自衛隊の「いずも型」護衛艦について、中国メディアは「低強度作戦環境の対地攻撃など三つの作戦モデルを採用する」との見方を示した。一方で中国には対抗できないと自信ものぞかせた。写真は「かが」(出典:海上自衛隊ホームページ)。

Record China
2019年6月10日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング