日本の「準空母」2隻がアジア太平洋諸国を個別訪問、「かなり活発」と中国メディア

配信日時:2019年7月4日(木) 10時20分
日本の「準空母」2隻がアジア太平洋諸国を個別訪問―中国メディア
画像ID  1106014
3日、中国のニュースサイトの環球網は、「日本の海上自衛隊の『準空母』2隻が最近、アジア太平洋の複数の国を個別に訪問した」とし、「かなり活発な活動を見せている」と報じた。写真は海自の護衛艦「いずも」。海自のFacebook公式アカウントより。
2019年7月3日、中国のニュースサイトの環球網は、「日本の海上自衛隊の『準空母』2隻が最近、アジア太平洋の複数の国を個別に訪問した」とし、「かなり活発な活動を見せている」と報じた。

記事はまず、6月30日から7月3日までフィリピン北部ルソン島のスービック港に寄港している海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」について、「海自の隊員らは7月1日、フィリピン海軍との書道や綱引きなどを通じた文化交流、スポーツ交歓イベントを行った」と紹介した。

続いて、ヘリコプター搭載型護衛艦「いせ」について、「6月23日にブリスベンを出港し、駐豪米軍とヘリの発着艦訓練、立入検査訓練、LCACによるビーチング訓練などを実施した」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/07/04 11:17)

    アメリカとの安保の傘に隠れていられるなら、別に軍備など必要ないと思う。しかしトランプ政権はアジアの安全保障に興味がないし、一旦は好転した米朝関係もこの先どう転ぶか予想できない状況である。実際に戦争するかではなく、戦争に巻き込まれても困らない備えだけはしておくべきだろう。韓国のように〈対韓輸出規制〉の当日になって、対抗策を練り始めたところで手遅れである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2019/07/04 10:34)

    いいぞ、ニッポン、頑張れ自衛隊! 現防衛大臣はダメだけれど…。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事