Record China

ヘッドライン:

一世を風靡した「香港四天王」が復活?アンディ・ラウが願望を語る、ネットでも期待の声

配信日時:2019年7月4日(木) 20時20分
拡大
3日、香港の俳優アンディ・ラウが、80~90年代に一世を風靡した「香港四天王」復活への期待を語り、ネットユーザーからも熱い支持を集めている。
(1/2枚)

2019年7月3日、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が、80~90年代に一世を風靡(ふうび)した「香港四天王」復活への期待を語り、ネットユーザーからも熱い支持を集めている。

その他の写真

「香港四天王」とはアンディ・ラウはじめ、ジャッキー・チュン(張学友)、アーロン・クォック(郭富城)、レオン・ライ(黎明)とかつての香港の若手トップスター4人を指す言葉。ユニットではないものの、過去にはジョイントライブなども開催してきたが、2007年の香港返還10周年の祝賀イベントで歌を披露して以来、4人が顔をそろえることはなくなっている。

このほど中国のトーク番組「魯豫有約一日行」に出演したアンディ・ラウが、「今後の夢」として「香港四天王」の再集結を語ったことが話題だ。番組の中で音楽オーディション番組の審査員に話題が及んだ時、アンディ・ラウは「香港四天王」がそろって務めるのなら「喜んでやりたい」とコメント。美しい広東語ソングを世の中に広めるため、ぜひ貢献したいと語っている。

なおアンディ・ラウは、自分以外の3人のうち、歌手で俳優のジャッキー・チュンについて、「恐らくやりたがらないだろう」とコメント。しかし、もし3人がそろって望むのなら「今すぐにでも」という思いがあるといい、まるでジャッキー・チュンに話しかけるかのように、「自分はぜひやりたい」と胸をたたいて語っている。

意外なほど積極的に「香港四天王」再集結について語ったアンディ・ラウについて、ネットユーザーからは喜びと期待を伝える声が。このトークの動画を配信したニュースサイト・新浪(SINA)の記事には1万6000件にも及ぶコメントが集まり、人々の期待の高さを示している。(Mathilda

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

アーロン・クォックに第二子の次女誕生、「香港四天王の女性運は最強!」ネットでは驚きの声も

18日、香港の歌手で俳優のアーロン・クォックが、第二子の誕生をインスタグラムを通じて発表。「香港四天王」の子どもたちにまた女の子が加わったことで、ネットユーザーから驚きと喜びの声が上がっている。写真はアーロン・クォック。

Record China
2019年4月19日 10時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング