甲骨文字

配信日時:2006年5月30日(火) 13時17分
甲骨文字
画像ID  22865
甲骨文字が彫られた竜骨の展示会。甲骨文字は1899年に学者の王懿栄(おういえい)と劉鶚(りゅうがく)の二人が北京の薬屋で買った脊椎動物の骨の化石「竜骨」に刻まれた文字を発見し、甲骨文字の存在は初めて明らかになった
甲骨文字は4000年近い歴史を持つ漢字のルーツだと言われている。

その他の写真

河南省安陽市の西北小屯村辺りにある中国奴隷社会であった商王朝後期の遺跡、殷墟から次々と甲骨文字の刻された竜骨が発掘されている。

殷は宗教色の濃い王朝で、甲骨文字は王様が祭祀、争いなど重要な事柄を神に問うための占いに使われていた。

亀の腹甲や牛の骨に穴を穿ち、その窪みに熱を加え、亀甲や骨の表面に出来た線上のひび割れによって吉凶を占った。甲骨文字はその占いの結果を彫り付けるために用いられていた。

現在、見つかっている竜骨の数量は約10万個以上といわれている。

甲骨文字が使われていた年代は中国最古の王朝である殷(紀元前1300年頃〜1000年頃)の後半期と推定されている。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事