中国で「深夜食堂」リメーク版映画の公開日が決定!=ドラマ版との違いは?

Record China    2019年7月4日(木) 18時0分

拡大

中国の映画情報サイト・時光網(Mtime)は3日、中国リメーク版映画「深夜食堂」の公開日が8月30日に決まったことを伝えた。写真は中国版「深夜食堂」のポスター。

中国の映画情報サイト・時光網(Mtime)は3日、中国リメーク版映画「深夜食堂」の公開日が8月30日に決まったことを伝えた。

安倍夜郎原作の漫画「深夜食堂」は、日本では小林薫主演でドラマ・映画が制作され、中国や香港でも非常に人気が高い。今回の中国リメーク版では、これまでさまざまな映画関連の賞を受賞し「映画の帝王」とも称される、香港の俳優レオン・カーフェイ(梁家輝)が主演と初監督を務め、俳優エディ・ポン(彭于晏)やドン・チャオ(●超。●は「登」におおざと)、女優リウ・タオ(劉涛)などといった豪華な俳優陣が勢ぞろいした。

「深夜食堂」は、2017年6月からリメーク版ドラマが中国で放送されていた。しかし、ドラマ版は「人物設定やセリフが日本版とそっくりすぎる」「作中に商品名が写ったインスタントラーメンが頻出し、企業CMに成り下がっている」「俳優、黄磊(ホアン・レイ)が演じる店主のイメージが、作品のイメージとそぐわない」などと批判が続出し、第1話が放送された時点で中国のレビューサイト大手・豆瓣(douban)で10点満点中2.4点が付けられた。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、2~3日にかけて、中国版映画「深夜食堂」の公式アカウントや中国メディア・新浪電影のアカウントなどが決定した公開日を伝えると、中国のネットユーザーからは「待ってたよ!!」「8月30日ね、了解!」「楽しみに待ってます!」など期待を寄せる声が数多く寄せられた。

また、「レオン・カーフェイ自身も『深夜食堂』の大ファンらしい。ドラマ版のホアン・レイよりもレオン・カーフェイの店主の方がしっくりくるし、きっとドラマ版よりはマシな出来栄えのはず!」といった声や、映画版のポスターを見て「衣装はドラマ版の『板前風』ではなくツナギになっているし、背景には中国の青島ビールも写ってる!これは期待できる!」といった声が上がるなど、ドラマ版を引き合いに出すユーザーも多く見られた。(翻訳・編集/岩谷)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携