【動画】世界三大コンクールで中国人ピアニストが演奏曲を間違えられるハプニング!その表情が話題に―中国メディア

配信日時:2019年7月2日(火) 16時50分
世界三大コンクールで演奏曲間違えられた中国人ピアニストがこの表情
画像ID  1105370
4年に1度開催される「チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門で、中国人ピアニストが伴奏を担当するオーケストラに演奏する曲順を間違えられるハプニングがあった。
4年に1度開催される「チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門で、中国人ピアニストが伴奏を担当するオーケストラに演奏する曲順を間違えられるハプニングがあった。中国メディアの観察者網が1日、動画付きで報じた。

「世界三大コンクール」の1つと称される同コンクールは今年で第16回を迎え、6月17~27日にロシアのモスクワとサンクトペテルブルクで開催された。26日にピアノ部門の決勝に出場した20歳の中国人ピアニスト・安天旭(ティアンス・アン)は、審査では1曲目にチャイコフスキー作曲の「ピアノ協奏曲第1番」を、2曲目にラフマニノフ作曲の「パガニーニの主題による狂詩曲」を弾くと主催者側に連絡していた。

しかし、本番で伴奏のオーケストラが1曲目に演奏し始めたのは、安が2曲目に予定していた「パガニーニの主題による狂詩曲」だった。予想外の出来事に驚いた安はとっさに顔を上げ怪訝な様子でオーケストラや指揮者を見つめ、冒頭の数小節を弾き損ねた。しかし、何とか気持ちを整えると、すぐに「パガニーニの主題による狂詩曲」の演奏に集中した。記事によると、それ以降の安の演奏は素晴らしく、演奏終了後、会場は拍手に包まれた。

主催者側が出した声明によると、今回のミスはスタッフの手違いから起きたもので、そのスタッフはすでに解雇されたという。安は翌日改めて演奏するよう促されたが、その申し出を断った。安は7人の決勝参加者の中で最下位となったが、「自信と勇気」特別賞が与えられたという。なお、2位には日本人の藤田真央が入った。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでは関連のワードが一時、第2位にランクインするなど大きな注目を集めた。

中国のネットユーザーからは、「4年に1回の大会だよ!?彼にとってすごく大事な機会だったはず。コンクールの主催者側は責任感が無さすぎる」「きっと最高のパフォーマンスはもうできないと思って、弾き直しを断ったんだろう」「本当に悔しい思いをしただろうな。彼の積み重ねてきた努力を思うと辛くなる」「権威ある大会がこんな間違いを犯すなんて、信じられない」などと残念がる声が多数寄せられた。さらには、「もしかして、中国人を排斥したくてわざと仕組んだのでは?」という憶測まで飛んだ。

また、「一瞬のうちに気持ちを切り替えて、落ち着いて弾き始めたなんて。本当にすごいよ」「彼は演奏技術だけじゃなく精神面まで一流だ」「よく最後までやりきった!中国の誇りだ」「まだ若いから大丈夫。これからたくさんチャンスがあるよ!」などといった称賛や激励のコメントも数多く見られた。

またこのほか、観察者網が「国際コンクールで中国人ピアニストがひどい目に遭う、だが彼の表情が話題に」と報じているように、間違った曲が流れた瞬間の安の表情にも注目が集まっており、「怪訝そうな顔がかわいくてついつい笑ってしまった」「勝てなかった代わりに有名人になっちゃったね」などおもしろがるユーザーもいた。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事