中国での証券取引絡みの処罰=1-6月で罰金156億円、6割近くがインサイダー取引―中国メディア

配信日時:2019年7月1日(月) 19時0分
証券取引の処罰=半年で罰金156億円、約6割がインサイダー取引
画像ID  1105033
中国政府・証券監督管理委員会は今年前半に、証券取引で不正行為があったとして63件の処罰と8件の「市場参加禁止措置」を実施した。罰金の累計は9億8500万元(約156億円)で、うち6割近くがインサイダー取引絡みだった。
2019年7月1日、中国メディアの中新経緯によると、中国政府・証券監督管理委員会(証監会)は1月1日から6月30日までに、証券取引で不正行為があったとして、63件の処罰と8件の「市場参加禁止措置」を実施した。罰金の累計は9億8500万元(約156億円)で、うち6割近くがインサイダー取引絡みだったという。

行政処罰の対象になったのは、27法人と個人181人で、罰金の累計は9億8500万元。うちインサイダー取引絡みの罰金は全体の56%に相当する5億5300万元(約87億7000万円)だった。

「市場参加禁止」は個人を対象とする措置で、件数は8件で対象者は12人。期間は「終身」が3人、10年が4人、5年が3人、3年が2人。理由は会計事務所関係者2人については「職務怠慢」で、残りの企業関係者については「インサイダー取引」「情報公開にかんする違法行為」などとした。

インサイダー取引については、証監会の常徳鵬(チャン・ダーポン)報道官が3月時点で、株式上場企業の合併などに際して多発していると指摘。証監会として監視と抑止、懲罰に力を入れていると説明していた。

また、証監会は5月になってから、上場や企業合併などに絡んで、資産評価会社3社を処罰した。理由は職務怠慢、文書作成における虚偽記載などだった。

中国では、金融取引における不正に対する処罰強化の動きがある。中新経緯によると、証監会の閻慶民(イエン・チンミン)副主席は最近になり開催された行政処罰をテーマとする座談会で、現行法では罰則が軽すぎるとして、法改正を求める提案をした。

最高人民法院(最高裁)と最高人民検察院は6月28日付で、証券や先物取引、インサイダー取引に関連する刑事事件についての法解釈を示す文書を発表した。

証監会の程合紅(チョン・ホーホン)法律部主任は、不正な市場操作の事案では、関連金額が1件あたり1000万元(約1億5900万円)にのぼる例が一般的で、100億元(約1590億円)近くに達する場合もあると説明。中国で「老鼠倉(ラオシューツァン=ネズミの倉)」と呼ばれる、未公開情報を利用した取引を、処罰の重点対象にしていると説明した。

最高人民検察院法律政策研究室の線傑(シエン・ジエ)副主任も、老鼠倉」について、刑事責任を追及する基準金額を、従来の100万元(約1590万円)から50万元(約793万円)に引き下げる方針を明らかにした。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • はやぶ***** | (2019/07/01 19:50)

    こんなのはそれこそ氷山の一角であろう、日本ですらまともにインサイダー取引を摘発したら100億や200億では済まない筈である、ちなみに日本で証券取引法違反と言えば何と言っても「ホリエモン」こと堀江貴文と「村上ファンド」の村上世彰である、ちなみに村上は今も企業の乗っ取りを次々に企てているし、娘も父親と同じくハイエナのような女に成長している、こんな奴がデカい面して人様の会社を牛耳じっているのを見ると世の中間違っていると思う、そして堀江は元服役囚の分際でテレビに出まくって上から目線でご意見番ヅラして偉そうな事をほざいたり、政府与党の提灯持ちのようなご託を並べている、こんな犯罪者が大手を振って表を歩けるのは間違っているし、こんな輩に好き勝手な事を言わせているテレビ番組等見ると不快になるので最近は殆んどテレビを見ていない
    このコメントは非表示に設定されています。
  • コング***** | (2019/07/01 19:45)

    体制側に無い所でこんだけ有れば十分多いといえるが摘発されない体制側で甘い汁をすってるものも含めるとこの何十倍もあるんでしょうね。 この国は見せしめ摘発が好きだから。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事