Record China

ヘッドライン:

中国が南シナ海で軍事演習、南沙・西沙の中間海域―中国メディア

配信日時:2019年7月1日(月) 19時40分
拡大
中国海事局は南シナ海で「軍事任務」を行うとして、6月29日午前0時から7月4日午前0時までの期間における航行禁止海域を指定した。資料写真。

2019年6月30日、中国メディアの新浪網などによると、中国海事局は南シナ海で「軍事任務」を行うとして、6月29日午前0時から7月4日午前0時までの期間における航行禁止海域を指定した。

新浪網は、航行禁止の理由を「軍事演習」のためと報じた。指定された海域はパラセル諸島(西沙諸島)とスプラトリー諸島(南沙諸島)の中間の海域で、ベトナムとフィリピン中間地点にも相当する。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

台湾「武力解放」の可能性、中国報道官は否定せず

中国政府で台湾問題を所管する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山報道官は12日に開催された同弁公室の記者会見で、台湾の「武力解放」を否定せず、「われわれ一切の必要な措置を取る選択を保留する」と述べた。

Record China
2019年6月13日 9時40分
続きを読む

中国J-20は早期警戒機に対する脅威…になるはずだったが米軍はすでに「対策済み」―中国メディア

中国ではこれまで、自国のJ-20戦闘機に射程300キロメートルの空対空ミサイルを搭載すれば、米国の早期警戒機にとって脅威になると主張する記事が発表されてきた。しかし新浪網は、米国はすでに対策を編み出したと論じる記事を発表した。写真はJ-20。

Record China
2019年5月7日 6時40分
続きを読む

ランキング