野菜を買うのも出前と同じく簡単に!「未来の野菜市場」が武漢に登場

配信日時:2019年7月1日(月) 12時50分
野菜を買うのも出前と同じく簡単に!「未来の野菜市場」が武漢に登場
画像ID  1104927
湖北省武漢市洪山区にある生鮮市場「獅城匯」では26日、オンラインデリバリープラットフォーム「餓了么」が打ち出した中国で初の「未来の野菜市場」がその運用をスタートさせてからすでに1カ月以上経ち、1日あたりの注文件数は最高で500件に達している。

【音声ニュースを聴く】

湖北省武漢市洪山区にある生鮮市場「獅城匯」では26日、オンラインデリバリープラットフォーム「餓了么(Eleme)」が打ち出した中国で初の「未来の野菜市場」がその運用をスタートさせてからすでに1カ月以上経ち、1日あたりの注文件数は最高で500件に達している。このデリバリープラットフォームが展開する新たなビジネスは、伝統的な野菜市場に新たなビジネスチャンスをもたらしている。

客がオンラインで注文すると、生鮮市場側が商品をピックアップして梱包・発送し、30分以内にはフードデリバリーと同じように宅配スタッフが家まで届けてくれる。生鮮食品はいずれも生鮮市場のサプライヤーからの出荷となるため、新鮮さがより保障されている。また売り手側も、オンライン販売に進出することで、在庫商品を効果的にさばくことができ、在庫による損失も減少させることができる。こうした「うまみ」を味わったことで、武漢で生鮮品市場の開発・経営などを行う華和農業は、年内に武漢市内にさらに3カ所の「未来の野菜市場」を打ち出すことを計画している。

販売管理データによると、26日午前11時半時点における「未来の野菜市場」のオンライン注文件数は213件で、当初の1日あたり70件と比べると3倍以上の成長を実現させている。(編集TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • コング***** | (2019/07/01 18:42)

    店頭から家迄いくら早くても 畑から店頭に並ぶ迄の時間と管理が出来てない中国事情からすると本当に新鮮なものが届くのかなぁ? 生鮮食品は尚更 捕獲してから出荷するまでの保管管理が問題でしょう。 中国の市場でハエが一杯集ってる魚介類を見てきた者としては?です。 でも何でも火を通す中華料理では其れほど気にしないのかも知れないからビジネススタイルとしては成立するのかも。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/07/01 13:01)

    野菜に限らず生鮮食品は目で見て確認して買うものだと思うが自分の考え方は古いのだろうか?ちなみに自分は食べ物に限らず何でも現物を確認してからしか買う気になれないが
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事