Record China

ヘッドライン:

GSOMIA延長決定日に日米の戦闘機が日本海上空を飛行?その意図は…

配信日時:2019年11月25日(月) 20時40分
拡大
2019年11月25日、韓国・ニュース1によると、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長が決定した22日に米空軍の爆撃機と日本の航空自衛隊の戦闘機が日本近海を飛行した。

24日、民間の航空機追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、22日夜に米空軍の軍用機B-52Hがグアムのアンダーセン空軍基地を離陸し、対馬海峡と日本海の上空を飛行した。航空給油機と日本の航空自衛隊所属の戦闘機F-15Jも飛行を共にし、韓国と日本の防空識別区域の境界線に沿って飛行して津軽海峡を通過後、太平洋へ抜けて同基地に戻ったという。

日米の戦闘機による飛行がGSOMIAの失効直前に行われたことから、記事は「GSOMIAの失効とは関係なく日米のつながりは強いことを示そうとした」と分析している。GSOMIAは当初、23日午前0時に失効する予定だったが、22日に条件付きでの延長が決定した。

また、「北朝鮮が恐れるB-52を朝鮮半島付近に飛ばすことで、進展が見られない非核化をめぐる米朝の実務協議に関して警告を発した」「北朝鮮の元山と新浦付近の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射の兆候を把握する目的もあった」との見方も示している。

これに韓国のネットユーザーからは「韓国に対する武力デモだ」「北朝鮮じゃなくて韓国を脅迫するための飛行」「韓国のプライドを傷つける行為。自国防衛するしかない」「日米は朝鮮半島の分断を自国の権益拡大に利用している」「ばかげた行動をしている。在韓米軍は撤退させてGSOMIAも破棄しよう」など反発する声が上がっている。

一方で「韓国の外交能力が低過ぎる」「文在寅(ムン・ジェイン)政権は外交でも大失敗」「文大統領は金正恩(キム・ジョンウン)にも振られて、信じていた米国にも捨てられた。韓国はほぼ孤立している」などと嘆くユーザーも見られた。

その他に「朝鮮を統一して中立国を宣言しよう」「今こそ中国やロシアと安保条約を結ぶときだ」などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/長居)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング