Record China

ヘッドライン:

韓国が「国軍の日」で誇示した戦闘機、実は故障だらけだった?=韓国ネットからは擁護の声も

配信日時:2019年10月3日(木) 6時20分
拡大
韓国は1日、「国軍の日」記念式典を盛大に開催した。しかし韓国メディア・チャンネルAは「実のところ韓国空軍の戦闘機は相次いで欠陥が発見されており、波紋を広げている」と報じた。

記念式典で韓国空軍は、FA-50について「2014年に戦力化、実戦配備された機体で、精密爆撃能力を備える国産の最先端戦闘機」とし「高等練習機T-50を戦闘機に改造したFA-50が韓国の空を守っている」と説明した。

これについて記事は「大げさなPRであり、実際は違っていた」とし「FA-50は戦力化後から昨年まで7回にわたり機銃に故障が発生している」と説明している。機銃がしっかり固定されず射撃中に振動が発生し、そのために弾丸が自らの機体を傷つけてしまう事故や、薬きょうが中から飛び出し、大事な内部配線が切断される事故が発生したという。記事は「命中率が下がるだけでなく、機体損傷につながって操縦士の安全まで脅かされる可能性のある問題」と指摘している。

度重なる機銃の故障により、空軍はこれまでに3回も射撃訓練を禁止にしたという。その日数は計331日に達し、実戦配備された5年のうち約1年は機銃なしで出動していたことになる。空軍は現在、損傷の恐れがある配線にカバーをかける「一時しのぎ」で機銃射撃を行っているという。

これに韓国のネットユーザーからは「本当にお粗末。スピードだけを重視せず、質のよいものを造ってほしい」「設計、製作した業者を調査するべき。実際に試しもせず納品したのか?」など批判の声が上がっている。

また「実戦配備されたのは前政権の時だ。朴槿恵(パク・クネ)前大統領は一体どれだけの罪を犯したのか」との声や、「軍事分野の不正はスパイとみなして処罰してほしい」と不正を疑う声も。

一方で「欠陥=不正ではない」「失敗は成功の母」「みんなこうやって少しずつ技術を蓄積していくんだよ。初めて造った戦闘機が完璧なはずない」「5年で7回しか故障していないなら、ほぼ完璧と言えるのでは?」など理解を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本で「表現の不自由展」再開へ、韓国ネットから称賛「先進国の証明」「韓国も反省しよう」

30日、韓国・KBSは「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」について、「日本軍慰安婦を象徴する平和の少女像を日本に披露し、中止となった展示会が再開することで合意した」と報じた。愛知芸術文化センターのHPより

Record china
2019年10月1日 15時10分
続きを読む

「韓国軍による民間人虐殺を調査して」ベトナム人被害者の訴えを韓国政府が拒否

25日、韓国・JTBCなどによると、ベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺の被害者と遺族103人が韓国政府に真相究明調査や賠償などを要求していた問題で、韓国政府が最近、これを拒否する考えを伝えていたことが分かった。写真はベトナム・ホーチミンにある戦争証跡博物館。

Record china
2019年9月26日 14時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング