韓国が「国軍の日」で誇示した戦闘機、実は故障だらけだった?=韓国ネットからは擁護の声も

Record China    2019年10月3日(木) 6時20分

拡大

韓国は1日、「国軍の日」記念式典を盛大に開催した。しかし韓国メディア・チャンネルAは「実のところ韓国空軍の戦闘機は相次いで欠陥が発見されており、波紋を広げている」と報じた。写真は南北境界付近。

韓国は1日、「国軍の日」記念式典を盛大に開催した。しかし韓国メディア・チャンネルAは「実のところ韓国空軍の戦闘機は相次いで欠陥が発見されており、波紋を広げている」と報じた。

記念式典で韓国空軍は、FA-50について「2014年に戦力化、実戦配備された機体で、精密爆撃能力を備える国産の最先端戦闘機」とし「高等練習機T-50を戦闘機に改造したFA-50が韓国の空を守っている」と説明した。

これについて記事は「大げさなPRであり、実際は違っていた」とし「FA-50は戦力化後から昨年まで7回にわたり機銃に故障が発生している」と説明している。機銃がしっかり固定されず射撃中に振動が発生し、そのために弾丸が自らの機体を傷つけてしまう事故や、薬きょうが中から飛び出し、大事な内部配線が切断される事故が発生したという。記事は「命中率が下がるだけでなく、機体損傷につながって操縦士の安全まで脅かされる可能性のある問題」と指摘している。

度重なる機銃の故障により、空軍はこれまでに3回も射撃訓練を禁止にしたという。その日数は計331日に達し、実戦配備された5年のうち約1年は機銃なしで出動していたことになる。空軍は現在、損傷の恐れがある配線にカバーをかける「一時しのぎ」で機銃射撃を行っているという。

これに韓国のネットユーザーからは「本当にお粗末。スピードだけを重視せず、質のよいものを造ってほしい」「設計、製作した業者を調査するべき。実際に試しもせず納品したのか?」など批判の声が上がっている。

また「実戦配備されたのは前政権の時だ。朴槿恵(パク・クネ)前大統領は一体どれだけの罪を犯したのか」との声や、「軍事分野の不正はスパイとみなして処罰してほしい」と不正を疑う声も。

一方で「欠陥=不正ではない」「失敗は成功の母」「みんなこうやって少しずつ技術を蓄積していくんだよ。初めて造った戦闘機が完璧なはずない」「5年で7回しか故障していないなら、ほぼ完璧と言えるのでは?」など理解を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携